プロ野球選手の夢かなうか、吉報待つ東京都内の注目高校球児たち:朝日新聞デジタル

 プロ野球のドラフト(新人選択)会議が11日開かれる。東京都内の高校生で指名されるために必要なプロ志望届を提出したのは9人。夢のプロ野球選手へ――。運命の日を前に、吉報を待つ注目選手を紹介する。

ツイッターのコメント(4)

プロ野球ドラフト会議はきょう夕方から⚾️
東京都の高校からは9人がプロ志望届を出しています。

記事では二松学舎大付・秋山正雲投手、関東第一・市川祐投手、八王子・羽田慎之介投手を紹介しています。
ドラフト会議はいよいよ明日。東京の高校生でプロ志望届を出しているのは9人です。

甲子園へ出場した二松学舎大付・秋山正雲投手と、その二松学舎大付に決勝で戦った関東第一・市川祐投手、八王子の羽田慎之介投手について紹介しています。
以前から疑問なのだが、プロ志望の高校球児に職業選択の自由は無いのか?
彼らは「プロ野球選手になれれば、球団は問わない」と本気で思っているのか?
「新聞記者になれれば朝日でも産経でも構わない」マスコミ志望はいないだろうに
ドラフト制度は不要
プロ野球選手の夢かなうか、吉報待つ東京都内の注目高校球児たち
以上
 
PR
PR