宣言解除後は全国の飲食店で酒OKに 時短要請しない方針の県も:朝日新聞デジタル

 19都道府県に出ている新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言の解除に伴い、19都道府県すべてが10月1日から飲食店での酒類の提供を認める見通しであることが朝日新聞の取材でわかった。16都道府県では営業...

ツイッターのコメント(8)

僕は酒飲みだし、またお店でお酒を飲みたいと思っているけれど、少なくとも今の時点で、やったー!飲みに行くぞー!という気持ちには全くならないな。
”時短要請について、大半の都道府県は、政府が基本的対処方針で示した「第三者認証制度の適用店舗は午後9時まで、それ以外は午後8時まで」”
一部地域を含む時短要請は継続し、酒類提供を認めるのは、北海道、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、沖縄
[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
緊急事態宣言が明ける10月から、飲食店の営業時間やお酒の提供、会食の人数制限はどうなるのでしょうか。朝日新聞の全国取材網をフル活用し、都道府県ごとの方針を取材し、まとめました
宣言解除後は全国の飲食店で酒OKに
以上
 
PR
PR