ファーウェイ副会長釈放、変わらぬ苦境 なお「安全保障上の脅威」:朝日新聞デジタル

 米司法省によって起訴されていた、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)が24日、帰国の途に就いた。司法省と孟氏の双方が歩み寄り、米中間の懸案が一つ解消され...

ツイッターのコメント(12)

こんなビッグニュースに日本のマスゴミは「小室氏」の帰国。バイデン率いるアメリカ民主党の従中振りには呆れる限りだ。今後もなし崩し的に中共への締め付けを緩めるだろうな。笑
人質外交を可としたのは
中国がグローバル化してからだよな🤔

ん?

アメリカも人質外交するっけ?

なんか嫌だねー😓
ニュースで孟副会長が釈放され・・・ってアナウンサーが読み上げてた時に「もう中学生」的に頭訳されて相変わらずアホだなって自覚した
米司法省によって起訴されていた、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)が24日、帰国の途に就いた。
中国は戦争に勝ったような喜びようですが、制裁はいまだ大きな影響を与えています。
「中国でも孟氏釈放の報道は相次いでいるが、中国で2018年12月に拘束されたカナダ人2人が中国を出国した件の扱いは小さい」→
“米側へ引き渡すかどうかを決める審理が8月に結審し、早ければ年内にも決定が出る見通しだった。孟氏は全面的に争っていたが、カナダの裁判所は審理の途中でその主張を複数回退けていた。孟氏が司法取引を受け入れた背景には、この審理の影響があったとみられる”
――華為をめぐる両国の対立は、すぐには収まりそうにない。

🅰️朝日新聞デジタル
”中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)”
”米中間の懸案が一つ解消された形だ。ただ、華為をめぐる両国の対立は、すぐには収まりそうにない”
朝日新聞: なお「安全保障上の脅威」:
以上
 
PR
PR