コロナ「第5波」子どもの感染急増 どんな対策すれば…悩む保育現場 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスの「第5波」では、子どもの感染増が顕著となっている。特に10歳未満の増え方が大きく、福岡県では累計感染者が「第4波」の4倍超の3千人余りに達した。親が働く家庭の子どもを預かる学童保...

ツイッターのコメント(12)

#子どもの感染
【大事なのは周囲の大人がきちんと感染対策をすることだ。親や職員はワクチンを接種し、家庭や保育現場にウイルスを持ち込まないようにしてほしい】
子供はコロナ関係ないんだから自由にやらせてやれ(ー ー;)

むしろ逆に子供からコロナうつされたくないならワクチン打て

子供からコロナうつされたくない!
でもワクチンは嫌だ!

って言うヤツはジョブチェンジしろ…

うつされたくない連中がワクチン打ったら終わりの話…
換気以外の対策は一切不要です
新型コロナウイルスの「第5波」では、子どもの感染増が顕著となっている。特に10歳未満の増え方が大きく、福岡県では累計感染者が「第4波」の4倍超の3千人余りに達した。
「対策を徹底する一方、誰にでも感染する可能性があるということを教える必要もある。バランスが難しい」
長崎大病院小児科 森内浩幸教授「大事なのは周囲の大人がきちんと感染対策をすることだ」
体調が悪いとき休める社会のシステムや風潮もこれからは一層大事になってくる。

やはり保護者の方々や園側の「大人がまずは気をつける」という意識があってこそ。

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
この写真9月21日の「午後2時29分」の撮影だそうです。「小1の子」しかいないから、こんなにガラガラなんですね。
1時間後には、この4倍の密度になっているよ(笑)
第5波では子どもの感染が急増し、これまで少なかった学童や保育現場が対策に追われています。
「重要なのは大人の対策」だと専門家は訴えます。
どんな対策すれば…悩む保育現場...
以上
 
PR
PR