カナダで拘束のファーウェイ副会長、米と司法取引 中国へ向けて出国:朝日新聞デジタル

 米国から詐欺罪などで起訴され、カナダで拘束されていた中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)(49)が24日、米司法省との司法取引に応じた。孟氏は無罪を主張...

ツイッターのコメント(18)

???「立法取引」は政党間の駆け引き「行政取引」は利権取引「司法取引」は刑罰の取引 世の中おしなべて取引>>
”「金融機関に虚偽の説明をした」という司法省側が主張する事実関係を争わないことに同意”
”米側はカナダへの引き渡し請求を放棄”
”バンクーバーの裁判所は同日、孟氏の釈放を決定”
↑ 司法取引すると、市民は事実を知ることが出来ない。
これで終わりではない。これから心置きなく対立できる。
どちらが読みが深いのか?
"イランにある関連会社について「取引先だ」などと、金融機関に虚偽の説明をしたとの事実関係を認めた。22年12月まで合意に反する発言などをせず、他の違法行為もなければ、米側は起訴を取り下げる。"
今回の司法取引は「起訴猶予合意」と呼ばれ、企業などに用いられることが多い制度で、個人に適用されることは比較的珍しいといいます。
ファーウェイの孟晩舟副会長兼CFOが米司法省との司法取引に応じました。孟氏は無罪を主張しつつ、「金融機関に虚偽の説明をした」という司法省側が主張する事実関係を争わないことに同意しました。
逮捕から約3年、いきなり中国政府チャーター機で帰国が実現。対立一辺倒だった米中が、水面下で動き始めている。
朝日新聞:カナダで拘束のファーウェイ副会長、米と司法取引へ 帰国の可能性も:
中国で拘束されていたカナダ人2人も釈放され、中国を離れたとトルドー首相が発表。中国はさんざん「孟氏拘束の報復ではない」と主張していたけど、やっぱり報復だった。
"米国から詐欺罪などで起訴され、カナダで拘束された中国通信機器大手・華為技術()の孟晩舟副会長兼CFOが24日、米司法省との司法取引に応じた…米側はカナダへの引き渡し請求を放棄し、カナダ・バンクーバーの裁判所は同日、孟氏の釈放を決定"
よ わ い(米国が)
朝日新聞はHuawei副社長が起訴猶予合意という司法取引を説明し、違法行為がなかったかのように報じる。

日本Huawei社製の通信機器が行っていた違法な情報漏洩は忘れていないぞ。
ファーウェイ副会長と米当局、司法取引へ カナダで拘束、帰国可能性
カナダで拘束のファーウェイ副会長、米と司法取引へ 帰国の可能性も:朝日新聞デジタル
カナダで拘束のファーウェイ副会長、米と司法取引へ 帰国の可能性も
以上
 
PR
PR