悪口書き込み「先生が見ないときに素早く」町田小6自殺、児童ら証言:朝日新聞デジタル

 東京都町田市で昨年11月、市立小学校6年の女子児童(当時12)がいじめを訴える遺書を残して自殺した問題で、女子児童の遺族側が入手した資料の中に、学校配布のタブレット端末を使った具体的な悪口の書き込み...

ツイッターのコメント(28)

いじめを無くすという発想だから不認定・隠蔽が起こる。「未熟な児童生徒間ではいじめ(恫喝、脅迫、傷害等)は常に起こり得る」という発想が欲しい。いかに無くすかよりもどう正すか。
まず茎レベルで対応すること
法改正して小学生の加害者で
も、相手を殺してしまったり
自殺してしまったら
子供刑務所に入ること
子供刑務小学生つくろ
親とは離れる完全に
→「イジメ」が陰湿で非常に悪質な犯罪である事を、子供の頃から叩き込むべきだ。
悪口書き込み「先生が見ないときに素早く」町田小6自殺、児童ら証言  「いじめ」の実態の一部ですが、取材に基づき報じています。今後も、動きを注視しています。
2021. 9.25
悪口書き込み「先生が見ないときに素早く」町田小6自殺、児童ら証言(会員記事) - 朝日新聞
市教委がパスワード変えるよう指示しても聞かなかったとか相当ヤバい町5
いじめてた奴ら全員タヒね
学校が配布したんだから管理をしっかりしなきゃダメだろう!そういうことをする児童にも痛い目にあってもらわないとね😁
 
PR
PR