大阪府、「入院待機ステーション」を休止 患者の滞在は平均2時間 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 救急搬送された新型コロナウイルス患者の入院先が決まるまでに一時的に待機させるため、大阪府が大阪市内に設置している「入院患者待機ステーション」の運営を21日、休止した。感染者と病床使用率が減少傾向にあ...

ツイッターのコメント(7)

8月13日から75人が利用した。最長の滞在時間は6時間55分で、平均は2時間だったという。
流石はケチ維新府政
すくなくなっただけで、必要な府民がまだいる現状でも、あとは知らないとばかりに叩き斬る府民を見捨てる行政手段はお家芸
引用:救急搬送された新型コロナウイルス患者の入院先が決まるまでに一時的に待機させるため、大阪府が大阪市内に設置している「入院患者待機ステーション」の運営を21日、休止した
救急搬送後に一時的に待機する「入院待機ステーション」の運用を大阪府が休止しました。
病床使用率が下がり、利用者が少なくなっていたといいます。
滞在は平均2時間でした。
大阪府が大阪市内に設置している「入院患者待機ステーション」の運営を21日、休止した。感染者と病床使用率が減少傾向にあり、利用者が少なくなっているため。
〝大阪府が大阪市内に設置している「入院患者待機ステーション」の運営を21日、休止した〟
「感染者と病床使用率が減少傾向で利用者が少ないため。8/13以降の最長滞在時間は6時間55分、平均2時間。第4波(4/22~5/31)では最長51時間11分、平均10時間1分だった」
以上
 
PR
PR