米英、豪の原子力潜水艦保有を支援へ 中国念頭に新たな安保の枠組み:朝日新聞デジタル

 バイデン米大統領は15日、米ホワイトハウスで記者発表し、インド太平洋地域における米英豪3カ国の新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS」を設置することを明らかにした。中国への対抗を念頭に安保協力を強化...

ツイッターのコメント(11)

アメリカの中国対抗の道具となって、輸出産業を破壊し経済を疲弊させ、原潜まで押し売りされているオーストラリア首相スコット・モリソン。

日本はこの道を歩むなよ! 絶対に!
日本ではないところが笑える。平和ボケには無理なのはわかってるか?>>>
オーストラリアの原子力潜水艦配備を米国が支援するとなると、中国を刺激するのは確実です。北朝鮮の弾道ミサイルといい、韓国のSLBM発射といい、嫌な感じのニュースが続きます
ポンコツ政府の日本が全く頼りにならないから、オーストラリアを中国対立の盾にする気だね!
“原潜はステルス性に優れ、長距離潜航が可能となる。最も機密性が高い軍事技術で、米国がこれまでに供与したのは英国のみだ。今後18カ月間、3カ国でチームを結成して計画策定にあたるという。”
「モリソン豪首相は『豪州は核兵器の獲得を目指しているわけではない』。バイデン氏も豪州が保有するのは『原子炉を動力とした通常兵器搭載の潜水艦だ』と説明し、NPT体制に問題ないとの認識を示した」
バイデン米大統領は9月15日、米ホワイトハウスで記者発表し、インド太平洋地域における米英豪3カ国の新たな安全保障の枠組み「AUKUS」設置を発表。サイバーや人工知能(AI)などの最先端技術、サプライチェーン等の分野での連携を強化。米英が原子力潜水艦の技術を豪に供与。
バイデン米大統領は15日、インド太平洋地域における米英豪3カ国の新たな安全保障の枠組み「AUKUS」を設置することを明らかにしました。米英が豪州の原子力潜水艦の保有を支援します。
>バイデン米大統領は15日、米ホワイトハウスで記者発表し、インド太平洋地域における米英豪3カ国の新たな安全保障の枠組み「AUKUS」を設置

ANZUSくんはお払い箱になるの?
以上
 
PR
PR