なぜ、今ヤクザ映画か 東映「孤狼の血」続編から考える:朝日新聞デジタル

 おかえり、ヤクザ映画――。というと怒られるだろうか。かつて一時代を築いたアウトローたちが、東映の銀幕に帰ってきた。 「全員ブタ箱たたき込んじゃる」「地獄見せちゃるけえ」「おどりゃ、血も涙もないんかっ...

ツイッターのコメント(8)

おすすめ。
東映「孤狼の血」続編から考える


<役者とヤクザを会わせることなどあり得ず、過去の映像作品を見て勉強してもらうようになっている。
「時代劇の作り方になりつつあります」(白石監督)>

やくざ映画は時代劇か。確かに。
逆風でしかないヤクザ映画について取材しました。見取り図の「南大阪のカスカップル」も一役買ってます。

 東映「孤狼の血」続編から考える:
そうそう。まさに。孤狼の血を巡っては「なぜ、いま?」がどうしても疑問としてありますが、続編を楽しみに思っちゃう私もいる。ヤクザ映画好きな兄の影響もあるだろうけど。

 東映「孤狼の血」続編から考える
呉弁の迫力も絶大だ。濃厚な作品の世界観を作り上げるのにもってこいの方言。前作出演の役者も含め、多くが「呉には申し訳ないが」と前置きしつつ、「怒鳴る時にこんなに威勢よく聞こえる方言もなかなかない」「脅したりすごんだりする上で刺激的」と口をそろえた。
「全員ブタ箱たたき込んじゃる」「地獄見せちゃるけえ」「おどりゃ、血も涙もないんかっ!」
映画もすごかった この記事もとても興味深い

<「昔より今の方が、差別やヘイトは強まっている気がする。世の中の空気をぶち飛ばしたいんです」と白石監督は言う>
東映「孤狼の血」続編から考える...
以上
 
PR
PR