佐賀県、性的少数カップルの認定制度 県単位では九州初:朝日新聞デジタル

 佐賀県は27日、LGBTなど性的少数者のカップルを公認する「県パートナーシップ宣誓制度」を導入した。カップルが宣誓して県の受領証を受ければ、県営住宅に入居できるようになるなど、生活上の障壁を減らすこ...

ツイッターのコメント(8)

これも要綱な。
佐賀県も!
同性パートナーシップ 宣誓制度
#
都道府県単位のパートナシップ制度の導入は全国で4例目🎊
これからもこの輪がどんどん広がって行くよう、できることからひとつずつ進めていきたいですね✨
「佐賀県は27日、「県パートナーシップ宣誓制度」を導入した。カップルが宣誓して県の受領証を受ければ、県営住宅に入居できるようになるなど、生活上の障壁を減らすことができる。県によると、都道府県単位では九州で初、全国で4例目の導入になるという」
佐賀の方々の保守性から考えると制度主導での寛容度変容が可能なのか意欲的な社会実験ではあろうけど、それでも名乗り出るハードルは高くどの程度の人数が参加するのだろうか…と興味あり。
←「同様の制度については、佐賀県唐津市が来年3月末までの導入を検討している。県は同市と連携して運用することを検討しており、今後は、他の市町にも公営住宅入居が可能になるように働きかけ、」
県単位では九州初
以上
 
PR
PR