武漢流出説に米国起源説で対抗 科学そっちのけの泥沼化 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスが中国・武漢の研究施設から流出したとの説をめぐり、バイデン米大統領が米情報機関に求めた調査の報告期限が今月末に迫った。中国政府は激しく反発し、なりふり構わず対抗策を講じている。両大...

ツイッターのコメント(23)

コロナに負けるな!克つ!勝つ!というスローガンの大事な矛先
「説」ってなに?武漢でしょ。当時みんな、ニュースで経緯を見ていたよね。春節で広まるのが心配だって。武漢から出てたじゃん。
ふと思い至って調べたらこれは…
起源はおいといて、封じ込めに失敗して震源地となったのは武漢で間違いないでしょ。
起源はともかく
隠しただろ
無理筋だろうよって?!
超多額の賠償出来ないような金額になるので、そりゃあ必死だよね!

邪悪な本能丸出しでばらまくからこうなる。最後まで責任を取らせないと、数年おきにまた毒ウイルスをばらまく!
こうなる事はわかった上で煽ってるわけで。
政治問題化すると、この先にあるのはとりあえず不買運動な訳だけど、そうなると(中国にエンドユーザーの多い)アメリカの方が不利やで。
さすがに無理筋。
こんな国に汚染水どうのこうのと言われたくないよね。
この記事の手法は「中共の高等戦術」。時間を稼ぎ、世界を混乱させ、武漢の災禍を諦めさせる、そのための術策、その間に政治的隘路で逃げる。でないと、数京円の賠償を負う
 
PR
PR