スリランカ女性死亡、関連文書1万5千枚ほぼ黒塗り開示:朝日新聞デジタル

 スリランカ人のウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が名古屋出入国在留管理局の施設で死亡した問題で、遺族側は17日に会見を開き、名古屋入管が開示した関連の行政文書1万5113枚のほとんどが黒塗り状態...

ツイッターのコメント(276)

開示文書が、ほぼ黒塗り
狂っている。

コレが、政府自民党の行政だ。
関連文書1万5千枚ほぼ黒塗り開示。
開示実施手数料には15万6760円
#上川法相 は責任ある対応を
黒塗りの文書1万5000枚、プリント代15万6760円を国が被害者遺族に請求する嫌がらせ付き
コピーして黒塗りにしてもっかいコピーする異常に丁寧な仕事

スリランカ女性死亡、関連文書1万5千枚ほぼ黒塗り開示
もうのり弁やめませんか?この国の政府と官僚組織が何やっても情報開示しない姿勢。出したらまずい情報の隠蔽体質。意図的に出せない理由ばかり出し真実解明には時間がかかる。最悪わからないで終わる。

スリランカ女性死亡、関連文書1万5千枚ほぼ黒塗り開示
どうなってる入管。
どうなってる日本。
いや、日本人。
「上川陽子法務大臣を含めて、名古屋入管当局幹部の大多数を殺人罪で逮捕すべし!!!」
収容者1人ごとに毎日1枚日報書いたとしても1年で365枚にしかならんのよね
それとも40年近く収容されてたんか?違うよね
1.5万って明らかに無関係な奴の分まで請求してるだけじゃん
赤の他人に個人情報ホイホイ公開するわけないでしょ
こんな黒塗り資料で一体何が分かるのか。これでは何も開示していないのと一緒です。ちなみに開示実施手数料として15万6760円も請求されたそうです。知る権利に応えていないのに。
報道写真で分かるのは、「スリランカ」という国名と、「女」という性別のみ。
「ウィシュマ・サンダマリ」という氏名と生年月日まで黒塗りにされている理由が分からない。
 
PR
PR