母国に挑んだバスケ女子日本代表監督 満員電車に揺られ日本で育った - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上 [バスケットボール]:朝日新聞デジタル

 「僕は日本のバスケットボール界に育ててもらった。その恩返しがしたい」 バスケットの本場アメリカ(米国)で育ったにもかかわらず、女子日本代表監督のトム・ホーバス(54)はよくこう語る。 米国出身。5歳...

ツイッターのコメント(46)

日本女子バスケ トム・ホーバス監督「日本行きを決めた時、誰も僕がカムバックしてNBA選手になれると思っていなかった。日本のバスケット界には感謝しかない」引退後は米国に。FBI(米連邦捜査局)に就職する可能性もあったが携帯アプリを作るIT企業に就職し副社長まで務めた。
ホーバス監督は2011年就任時に五輪決勝でアメリカと
試合することを宣言して、周囲に笑われたとのこと。
カッコいいなー。日本への想いも凄い方だった!

 満員電車に揺られ日本で育った:朝日新聞デジタル
バスケ女子日本代表監督、トム・ホーバスさんの生き様に心動かされた。たゆまない努力が、人生の転機を呼び込む。

「多少の間違いがあっても自分の言葉で伝える方がインパクトがある」
素晴らしい成績の影にはこういう素晴らしい監督の存在があるものだと、、
有難うトム・ホーバス監督!
いい監督やね☺️🇯🇵🇺🇸
ホーバス監督は学校で日本語を勉強したことはないそうです。「 満員電車に揺られ日本で育った」 - 東京オリンピック [バスケットボール]:朝日新聞デジタル
「多少の間違いがあっても自分の言葉で伝える方がインパクトがある」かー。
なるほど。思わぬことからもうちょっと英語頑張ってみようかなと。
しかしFBIに入っていたかもって監督凄すぎ。
明日は決勝!! 頑張れ日本🇯🇵✨

 満員電車に揺られ日本で育った:朝日新聞デジタル
東京五輪バスケットボール(女子)で決勝進出を決めた日本代表。トム・ホーバス監督は日本語で選手に指導をしているそうですが、日本語の表現の幅を増やすためスマホに日本語学習アプリを入れるなどして勉強したとのことです。
 
PR
PR