「表現の不自由展かんさい」実行委、会場利用求め提訴へ:朝日新聞デジタル

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の出展作品を集めた大阪市内での展覧会をめぐり、会場側が利用承認を取り消した問題で、実行委員会は週内に大阪地裁に処分の取り消...

ツイッターのコメント(42)

そもそも、大きな音の街宣車が脅迫する側の勝ちでしょ。安全のために使えないなら、威力業務妨害やん。犯罪です。おかしい‼️
毎度ながらのマッチポンプ。
実行委員会なる者は、鼻っから開催できないであろう会場(公共施設等)を狙い、断られたと騒ぐ。
そこに朝日新聞の笹川翔平記者らが記事にし、油を注ぐ。
しつこい。
あいりんの路上でやっとけ。
あっさり実行委員会の主張が通った場合、府が訴訟費用として支出した税金は吉村が空費させたことになるんだからね。/
自由に表現できると思うな。
裁判を起こすのは自由だからどんどんやればいいけど、今後この団体の会場利用申込み自体が拒否されるようになる気がしてる。だって申し込み受けた段階で面倒事確定だもの。根回ししろよ。
実行委の1人という言い方をするのはこいつらの特徴。アカヒが会場貸してあげればええやん?
、提訴は全く正しい。応援してます🥰

下劣な差別愛好クズ共には、社会を思い通りになどできないことを思い知らせてやりましょう。
そもそも、簡単に展示出来るなら不自由展でなくなってまうでな。
行政は、表現の自由を最大限保障する対応を最優先に考えるべきです。抗議が殺到していることをもって、施設の利用を認めないとの判断は、結果的に表現の自由を抑圧することになります。同時に、抗議に名を借りたヘイトには毅然とした対応を求めます。
#立憲民主党
 
PR
PR