在日コリアンの歴史の証、宿舎を解体・移築 宇治ウトロ:朝日新聞デジタル

 在日コリアンが多く住む京都府宇治市のウトロ地区で26日、戦時中の飛行場建設に動員された朝鮮人労働者らが暮らしていた宿舎跡の解体が始まった。当時のまま残る最後の宿舎で、ウトロ地区の歴史は一つの節目を迎...

ツイッターのコメント(20)

しょうもないもんに金注ぎ込む暇あるなら地下鉄の初乗り安くしろ。

宿舎を解体・移築
イデオロギー抜きにして消防法的にどうなんこういう区画。何年か前の糸魚川市の火災とかだけどさ。
( ..)φ→「ウトロ地区は近鉄京都線伊勢田駅の西にある約2・1ヘクタール。元の地名「宇土口(うどぐち)」が由来とされる。終戦時には朝鮮人労働者ら1300人が暮らし、戦後には在日コリアンのコミュニティーになった」【 宇治ウトロ】
宇治ウトロ
ついに移築か.
朝日新聞は「 宇治ウトロ」って日本のイメージを悪くするような記事を書いています。戦後、長年不法占拠をし続けたことに関しては批判しないのですか?
行くつもりなのだがいつも都合が合わんのよね
不法占拠が歴史を語るなよ
でたーー!
ウトロ!!

違法に占拠してる奴らは、強制撤去して綺麗さっぱりしてくれ!!
ウトロって韓国人に不法占拠されてた土地よね?
日本人に迷惑ばかり掛けないで欲しいわ。
>終戦時には朝鮮人労働者ら1300人が暮らし、戦後には在日コリアンのコミュニティーになった。

不法占拠だったことについては書いてないな。それって全国紙としてどうなの。
 
PR
PR