記述式と英語民間試験の導入断念へ 大学入試で文科省:朝日新聞デジタル

 2025年以降の大学入学共通テストをめぐり、文部科学省が、国語・数学での記述式問題導入と英語民間試験の活用を断念する見通しとなった。今夏にも正式決定する。かつての入試改革の二大看板は、導入見送りがほ...

ツイッターのコメント(20)

筆記試験は何も生産的じゃなくて、時間の無駄だから、てきとうにやればいいんじゃないの?
いっそ、くじ引きでいいと思うが。
ヲイラの周囲を見ていても大変そうにしてた現役生を見かけただけに、この馬鹿な試みを行った輩は現役生に謝罪しろって思うわな。
結局なくなるのね
日本の教育の進歩がまた10年遅れた。。。

米大学1年生のとき、地方の普通科の高校から進学した自分は英語が全くできず、「6年間英語を勉強した」なんて恥ずかしくて口が裂けても言えなかった。
ある意味当たり前。あんな大人数、短期間で採点できるわけない。
いや、今年もかよ…。
まぁ英検もずるずるだし、色々やりにくいよなぁ…。
それより、技術やらAIの入試はないのかな。
規模が違うけど理念先行のカーボンなんちゃらも同じ運命を辿るんじゃね。
大学入試で「あらゆる学力が測定されるべき」という発想がそもそも間違っているんじゃないか? むしろ入試の限界を所与として、大学教育でそれを補うという発想が必要では?
特定業者と癒着した政治屋の利権がモンスターと化して、其の醜さゆえに自壊して、結果として現場の混乱だけが残る、ということだ。教育現場に此れだけの混乱を引き起こした文科相は引責辞任相当。

 大学入試で文科省
 
PR
PR