民間AM局の大半、7年後までにFM化へ 対応端末必要:朝日新聞デジタル

 全国の民間AMラジオ47局のうち44局が、2028年秋までにFMラジオ局に転換をめざすことになった。15日、在京3社が代表して会見し、明らかにした。28年以降もAMを併用する局もある一方、一部の局は...

ツイッターのコメント(39)

ちょっとショック
民放はAM停止の流れだけど、NHKは継続なのね。第一と第二が統合されるようだけど📻
AMすらまともに入らないエリアも多いのにな。人口カバー率だのそんなの災害時のインフラと捉えたら何の指標になるんだよ。携帯電話も大事だけどバッテリー喰いのスマホなんかでラジコ使えないから。
まじかよ……ニッポン放送もラジオ大阪も聞けなくなるやん
岡山では普通にMBSとかABCの大阪のAM局が普通に聞けるんだが(CMでも近畿2府4県と岡山県というのがあるくらい)、ワイドFMに一本化されれば聞けなくなるんだろうな。
AMのあの音質も好きだたんだけど。
これってスパイ防止(規制)法がない日本国の防衛上、どうなんでしょう?
中波1422を、停波したら
補完放送のFM出力のままだと
ラジオで、この放送聴けなくなる😭😭😭😭
これからは 中波帯は 中国製のラジオで 中国国际广播电台 常州623局 1044kHz くらいしか聴けなくなるらしい。

いずれ「軽自動車だから軽油」みたいに「中国製だから中波」みたいに 思う人もいるはず。

民間AM局の大半 、7年後までにFM化へ 対応端末必要:朝日新聞
これは熊よけでラジオを流しながら登山することが出来なくなりそうだね。
FMだと山の中では電波が届かない。
ラジオの は記事の通り「送信所に広い敷地が必要で河川敷などが多い」です。ざっくり申し添えると、水分量の多い土地は電波が効率よく発信できるとされます。河川敷、海沿いに多いのはそのためですが、水害、津波への備えは大きな課題です。
 
PR