首相、政権批判がブーメラン 「閉じるのとんでもない」:朝日新聞デジタル

 野党時代の菅義偉首相の言動が波紋を広げている。東日本大震災の対応をめぐり、国会の会期延長をしぶる当時の民主党政権を批判しながら、自身は今国会の会期延長に応じていないためだ。加藤勝信官房長官は15日午...

ツイッターのコメント(173)

何が言いたいのかサッパリ解らぬ。◆朝日新聞デジタル: 「閉じるのとんでもない」 首相、政権批判がブーメラン.
頭が悪いとしか言いようがない!
「自民党が野党だった2011年5月、菅氏は自身のブログに「被災地の状況を考えると、国会をこの状態で閉じるなどとんでもないことです」...菅(かん)首相は70日間の延長を決めた。」
ポイントは延長に見合う成果を出せるか否か。これまでの実績から、立憲の場合金を時間をドブに捨てるのが関の山と思われてるのでは?悔しかったら議席を増やすしかない。
ガースーみたいな「立場によって、過去の発言を蔑ろにする人間」が出てくるので、政権交代は必要。もう一度、自民党は下野するべき。
2011年。スガは、この頃は未だ人と話せていたんだ・・・。
なんだかな?過去の発言も忘れるガ~ス~
普段立憲民主党に使われる言葉『ブーメラン』を総理に使ってみる。ブーメランと言う言葉自体をブーメランとして使うという朝日の新しい手法だ。新手法だとハッキリ言って使った方が効果あったと思うけど。

首相、政権批判がブーメラン「閉じるのとんでもない」:朝日新聞
結局権力を握ると過去の発言なんか全て忘れるんだな😩/ 「閉じるのとんでもない」
それも十年越しの。
――――
 「閉じるのとんでもない」(朝日新聞)
 

 
PR