フードバンクに学生殺到 コロナ禍バイト減少、生活困窮 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言下の関西3府県で、フードバンクなどの支援を受ける学生が相次いでいる。3府県では飲食店への休業要請などが続き、アルバイト収入が減って困窮する学生が増えているとみられ...

ツイッターのコメント(25)

『飲食店への休業要請などが続き、アルバイト収入が減って困窮する学生が増えているとみられる。専門家は学生への支援を拡充すべきだと指摘。』  コロナ禍バイト減少、生活困窮:朝日新聞デジタル
に学生殺到  [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
困窮‼️に支援の情報は届いているか⁉️
「に初めて訪れた私立大2年女性は
食事は100円で買ったチョコ入りスティックパンや,半額になったカット野菜でしのぐ
20万円の貯金を切り崩し生活するが
不安で眠れない日が増え,体調も良くないと打ち明ける」
これなの。
私が今したい事と出来る事。
ずっと気になってた事。
食糧買って持っていく、或いは寄付金などで支援も出来る。
TA(ティーチング・アシスタント)により収入機会の確保をしている大学もあるようですね(全学生に対する機会にはならないかもしれませんが)。 / (朝日新聞デジタル)
バイトバンクみたいなのを作っても良いかも。
慢性的に人手が不足していて、優秀な人が少なく、コロナ禍も関係ない保育業界という世界があるので、バイトで良いのでちょっとやってみない?と声掛けをしたい
昨日の朝日新聞の夕刊に記事が載っていました。

朝日新聞
同じ現象は、首都圏でも起こっており、高校生や大学生がバイト代で家計を支えていたケースもあり、影響は大きい。別途に原資の確保が必要だが、支援団体や大学等と連携できれば、スマホ決済の利用ができる世代なので、「 」と同じ仕組みで食の支援ができる。
苦学生の応援ww!森永の宣伝頑張りまっす!
フードバンクへのご協力とご支援をよろしくお願いします。ありがとうございました。
五輪の前に先ず対策しなければならないことです

 コロナ禍バイト減少、生活困窮:朝日新聞デジタル
 
PR
PR