行政窓口、キャッシュレス化を 規制改革推進会議が答申:朝日新聞デジタル

 政府の規制改革推進会議(議長=小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長)は1日、菅義偉首相に答申を出した。役所への手数料支払いのキャッシュレス化など、デジタル時代に向けた規制見直しが柱だ。政府は月...

ツイッターのコメント(11)

公益を最大限に担保された規制を取っ払うことを、改革だとか生産性向上という言葉にすり替えると、私たちが営営と築き上げてきたソフトやハードの財産に、利権が群がりただ同然に切り売りされてしまう。
行政窓口、マインドレス化 に読めた。
今、この記事の解説中です。
"コロナ禍による宅配需要の高まりを受け、運送事業者が自家用トラックに頼んで荷物を運んでもらう制度の緩和も検討する。年末年始などに限定していた時期について広げる方向だ"アカンやつだこれ
政府の規制改革推進会議(議長=小林喜光・三菱ケミカルホールディングス会長)は1日、菅義偉首相に答申を出した。役所への手数料支払いのキャッシュレス化など、デジタル時代に向けた規制見直しが柱だ。
スガ総理、民間へもよろしく。
たとえばMOS等の資格試験の会場の中には、クレジット支払や銀行振込不可、申込と支払のために試験前に一度会場までお越しいただき現金で…そんな対応をやめさせてほしい。
DXもさることながら、今はコロナですんで。
・アマチュアを含むクリエーターの創作物や過去の放送番組について、デジタルコンテンツとして活用しやすくするため、簡素で一元的な権利処理が可能となるような制度の実現(21年検討・結論、22年度対応)
"答申は、行政手続きで印紙払いや金融機関の納付証明書の提出を求められることが多いと指摘した"
利便性が高まる、というより、行政側が国民の管理をしやすくなる、というのが、国側の思惑なんでしょうね、たぶん。

『  朝日新聞』
デジタル化(促進)に分権は向いていない。そこなんですよ、そこ。
以上
 
PR
PR