接種率トップの和歌山方式 都市部は個別、山間部は合同 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、接種率全国1位は和歌山県だ。4月12日の開始から1カ月半で、1回目を終えた高齢者の割合が全国では6・1%だが、和歌山は17・5%(23日現在)。理由を探ると、都市...

ツイッターのコメント(23)

都市部は個別、山間部は合同:朝日新聞デジタル
やり方はいろいろあると思います。それぞれがいいと思う方法を取ればいいのではと。
和歌山県で順調にワクチン接種が進んでいる理由がどこにあるのか、フカボリ取材した記事です。いろんなヒントが詰まっています
接種率が高い、かかりつけ医からワクチン接種を行われている和歌山県を見習うべきだ。
村が村民一人一人の接種日を決め、4月中旬に案内を送った。予定が合わない人は変更できる。村の担当者は「高齢者が多く、予約した日を忘れてしまう恐れがある。人口が少ない分、日程も役場主導で進めることができた」と話す。
大阪とか神奈川とか横浜とか、経済ガ―経済が―って言っている自治体がヤバイ印象。

[新型コロナウイルス] [フカボリ]:朝日新聞デジタル
→関係者の皆さんのご協力と工夫は本当にありがたい。感謝します。
新型コロナワクチンの接種率、和歌山がトップなのはなぜ?という疑問にこたえる記事。

高齢者も多い県なので、ワクチン接種が広がっていて一安心です。
さすが和歌山県。
東京や大阪とは準備が違うなあ。
>この案件でも優秀な和歌山、新型コロナ感染予防でもそうだったがキーマンは安定の知事と保健部の技監、大阪の目立ちたがり府知事よりお手本にすべきはこちら
個別接種を充実させない限り、接種率は、上がらない。
医師会は、良く知っているはずだ。

 都市部は個別、山間部は合同:朝日新聞デジタル
 
PR
PR