大規模接種の予約、なぜ混乱 カギは接種券番号の下1桁 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 政府が東京と大阪に設置する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約が17日、始まった。だがその予約システムは、架空の接種券番号や生年月日などを入力しても予約できてしまうことがわかり、防衛...

ツイッターのコメント(94)

わかる……役所の担当者が判断できないので、業者を呼んでヒアリング→公平性が必要なので入札→もっと安い別システムが入る→その善し悪しの判断ができる人がいない。
カギは接種券番号の下1桁:朝日新聞
⚠️大規模接種ワクチンはモデルナ
⚠️自治体はファイザー
>自治体には、複雑過ぎする作業
自治体は人が足りないのにさらに疲弊していく、ということが起きるわけです。
本当にそうですね。
仕事内容ご情報システムの両方を理解できてる人は、一般的な会社にも少ないと思います。
危機管理能力皆無だから、国家規模事業なのに大バカ政権が自治体任せにしたからこうなる
その無能さに怒りを通り越す
「問題の根本はシンプルで、コンピューターのことがわかっている人が世の中に少なすぎるということ。」
身も蓋もない。
だったら、電話番号で、予約できるようにしておけばよかったのでは?予約枠とるだけですから。
→内容を読むと、ITシステム開発に携わった経験を持つ者としては、「素人が設計したのか!?」と驚かざるを得ない。システム開発の基本が出来ていない!
「問題の根本はシンプルで、コンピューターのことがわかっている人が世の中に少なすぎるということ。今回のような大規模な予約システムなんて一晩で作れません」

そうなんだよなぁ…。
 

 
PR