TOP > 社会 > 「心配ない」伝えた直後に転落死 失踪後つかんだ仕事で:朝日新聞デジタル

「心配ない」伝えた直後に転落死 失踪後つかんだ仕事で:朝日新聞デジタル

 技能実習生は、実習先でどんなひどい待遇を受けても、容易に職場を変えられない。耐えられなくなって一度失踪したら最後、正規の仕事につくことはできなくなる。仕事面でも健康面でも、様々なリスクが伴う。時には...

ツイッターのコメント(22)

酷すぎて唖然とする…
写真も含めて、本当に感服する仕事。
実習生が職場を変えられないのをいいことに酷い待遇でこき使う受け入れ先や、それを黙認している監理団体。制度自体を見直さなければこのような犠牲はなくならないと思う。
「埼玉県にある大恩寺を拠点にするベトナム人尼僧のタム・チーさんが、昨年3月からの約1年間で営んだベトナム人の若者の葬儀は41人。大半は病死だが、若者なのに突然死と報告されるケースも多いという。3人は自殺だった」
"レンさんは、長野県の実習先から逃げ出した後、ようやく見つけたのが太陽光パネルをつけるために山中を整備する仕事だった。だが、運転していた重機が山道を外れて20メートルほど下に転落し、首が切断されてしまった。"
川原泉「ブレーメンⅡ」の最終話、「長靴をはいた猫」とかぶった。
#群馬県 #高崎市 の山の中で2月28日、ベトナム語でお経を唱える声が響きました。昨年3月にここで作業中に命を落としたベトナム人の元技能実習生ホアン・バン・レンさんの法要です。まだ30歳の若さでした。
失踪後つかんだ仕事で:朝日

「失踪者は健康保険が使えないため、医療費が高額になる。そもそも支払うことができないし、通報されて逮捕されることを恐れており、体調が悪くても病院に行くのをためらう」

『海辺の彼女たち』がもろそんな話
失踪後つかんだ仕事で(朝日新聞)

“移民や難民のコミュニティーを対象に無料で医療相談を受け、支援者らを通じてベトナム人実習生らの状況にも詳しい横浜市内の山村淳平医師”のコメントが載っているが、「ルポ入管」にも登場している方だな。
婚約者ハンさんの胸中を思うと胸が痛みます。
技能実習生は、実習先でどんなひどい待遇を受けても、容易に職場を変えられない。耐えられなくなって一度失踪したら最後、正規の仕事につくことはできなくなる。
ベトナム人の技能実習生レンさん(30)は、長野の実習先で酷い待遇を受けて逃げ出した後、太陽光パネルをつけるため山中整備の仕事を見つけたが、運転していた重機が20mほど転落し、首が切断されてしまった…。
こんな惨事があったのか。婚約者の気持ちを思うと居た堪れない
こんなの許しちゃいけないよ……昔の強制労働と同じやん。今にこの国は痛い目をみるよ。
労働条件が厳しすぎて技能実習生が失踪する。失踪先で仕事を探すと不法滞在の弱みにつけこんでもっと危険な仕事をさせられ、命を落とす。病気やけがをしても医療を受けられず、命を削る。二重、三重の搾取の上に私たちの「便利」が乗っかっていること、忘れていませんか?
・・・このご時世「失踪」して、国内で自由に移動していることをどう思うか。「リベラル」は世論に無頓着。だから、朝日新聞はリストラに追われる。後段において良い傾向なり。
技能実習生や入管の話を聞くと、海外に向けて「日本に来ちゃダメ」と大々的にアナウンスした方がいいんじゃないかと思う。
太陽光パネルをつけるために、山を整地している時に、首が切断されて亡くなってしまった元実習生のレンさん。婚約者は、途方に暮れ、ベトナムの家族も困惑しています
「農業を営む両親のもと、3人きょうだいの次男として生まれたレンさんは、貧しい家族を助けたいと2015年5月に来日した。長野県の農家で野菜を植えていたが、「給料が安くて、食事もまともにできなかった。半年で逃げ出した」

どんな「実習計画」があったのか、この「農家」。
正直言うと、技能実習生になることを考えている人たちのために日本人がやるべき最も有用な支援は「日本に来ないよう説得する」ことと思う。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR