ワクチンの特許放棄「魔法ではない」 米国に独仏が反発 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスのワクチンにかかわる知的財産(特許)の一時放棄を米国が認める意向を示したことをめぐり、ドイツやフランスが反発している。「供給拡大」を理由にする米国に対し、ワクチン不足は米英が自国を...

ツイッターのコメント(13)

「ワクチンを、アングロサクソンが止めている??」お~~なるほど、陰謀論!大好物な俺としてはそそられる話題だ。で、イスラエルはホボ打っている。「アングロ・ユダヤ・ミッション」か? イスラエルは英国が作った。ブレグジット完了「ウィルス騒ぎ」ムッムッ!
「 米国に独仏が反発」ー フランスは数日前(まで)は賛成だったのに。本当にマクロンは信用ならない。アストラゼネカ攻撃にしてもメルケルのコバンザメ。
ファイザーは米政府の資金援助を断って自費で開発したから、トランプの選挙に利用されずに済んだ。そういう面もある。WTOが負担できない特許料じゃないという主張も見たけど。
売電大丈夫か? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
フランスも反発。
今回はアメリカを支持する
実際には単語の全文検索でヒットした特許を「関連あり」とするのはあり得ないとはいえ、仮にワクチン関連と治療薬関連に限定するとしても、線引きが難しいのは確か。
そして、時として、特許だけでなく知的財産の保護が「魔法」のように思われてしまうことも確かか。
日本政府の見解が分からないね。日本にもワクチンを開発している企業もあるし、特許も持っている。
これが前例になっても困るのよね。慈善事業じゃないし。
新型コロナウイルスのワクチンにかかわる知的財産(特許)の一時放棄を米国が認める意向を示したことをめぐり、ドイツやフランスが反発している。
世界の製薬市場を米英が独占してきた現状、中国は一抜けしたけどEUは苦しんでるね…勿論日本もそうだ。
EUは
米英が必ずしも味方では無いこと、
中国が必ずしも敵では無いこと。
これを学ばねば。
(朝日新聞)
以上
 
PR
PR