TOP > 社会 > 改ざん経緯の解明なるか 赤木ファイル、開示が焦点:朝日新聞デジタル

改ざん経緯の解明なるか 赤木ファイル、開示が焦点:朝日新聞デジタル

 赤木俊夫さんの自死から3年。国が初めて「赤木ファイル」の存在を認めることになった。国はこれまで、ファイルの存否について回答を拒んできた。だが、俊夫さんの妻・雅子さん(50)側が2月、ファイルの提出を...

ツイッターのコメント(31)

改ざん廃棄の素早さと比べて、ファイルの存在認めるだけのことにどんだけ時間かかるんや、ということ>
真っ黒な のり弁文書を 作成し
官僚達は 誰を守るの?

『赤木ファイル
存在を認める
「ファイルには本省からの指示
修正箇所
改ざんの過程が一目で分かるように整理」
開示される内容が注目される』


赤木ファイル
開示が焦点
朝日新聞デジタル
存在は認めても、公開するのか・それはどんなものなのか。黒塗りだらけならなんとかならんもんか。
「国はこれまで、ファイルの存否について回答を拒んできた。」
存否応答拒否の要件を満たしていたのかが別途問題となりうる。
ファイルを開示する方向のよう。開示せずに完全にしらばっくれるよりも良いけれど、遅過ぎますね。
国が存在を隠してきた赤木ファイルの存在を認めることに。

ふざけんなよ。
あるに決まってるだろ。
なんで今更なんだよ。
本当この国腐ってるわ😓
<国が初めて「赤木ファイル」の存在を認めることになった。国はこれまで、ファイルの存否について回答を拒んできた。だが、俊夫さんの妻・雅子さん(50)側が2月、ファイルの提出を国に命じるよう地裁に申し立てたため、存否の回答は避けられないと判断したとみられる>
これが認められれば安倍始め政府は終わる
なんの落ち度もない温厚で善良で優秀な若き官僚が、愛する家族を残し命を絶つと言う、余りにも辛く苦しいむごい選択をせざるを得なかった真相を、国は決して隠す事なく開示するべし。
存在は認めても、あれこれヘリクツを並べて開示しない可能性がまだあるのでは。なにしろ、安倍・菅インペイ政権だもの。
国はどれだけ逃げ回ってきたのか?ついにファイルの存在に踏み込む展開に。赤木雅子さん、ようやくですね…
政権に忖度し隠蔽・改竄する行政が今の日本を形作っているなら、未来を変えるのも今
これはどうなっているのだろう。どうなっていくのだろう。今さら公開はできないのか、案外上につながる証拠にはならない内容なのか。いずれにしても、3年も経ったのか。奥さんの提訴からはまだ1年?
朝日: …俊夫さんの妻・雅子さん側が2月、ファイルの提出を国に命じるよう地裁に申し立てたため、存否の回答は避けられないと判断したとみられる。
こういう、汚いやり方の国と組んでるひとたちがどれほど悪質かわかった。
存在する が
あるかないかの回答さえ拒否した自公政府

請求されてシュレッダー処分した自公の手口で
また廃棄して
存在したが今はないと逃げるつもり?

第二の赤木さんに改竄させる?

の声で
安倍政権の隠蔽の手口を開示させよう
公文書の改ざんと安倍夫妻の影響。

“決裁文書から安倍晋三首相(当時)の妻昭恵氏らの名前が削られた改ざんでは、佐川宣寿理財局長(同)が「そうした記載のある文書を外に出すべきではないと反応した」。これを受けて本省幹部らが「記載を直す必要がある」と認識したという”
政府が「赤木ファイル」の存在を認めると言っても、すべてが開示されるかどうかはまだわかりません。全開示は当然として、「訴追の恐れ」を理由に口をつぐんだままの佐川元理財局長の再証言による全容解明が待たれます
≪赤木俊夫さんの自死から3年。国が初めて「赤木ファイル」の存在を認めることになった。俊夫さんの妻・雅子さん(50)側が2月、ファイルの提出を国に命じるよう地裁に申し立てたため、存否の回答は避けられないと判断したとみられる。≫
私見ですが、穿った見方を呟きます
衆院選を控えると同時に、最近のアベ氏の動静から、スガ氏のアベ潰しに映ります😠😤スガ・ニカイ氏対アベ・アソウ氏の争いの最終戦に感じます‼️双方とも卑怯同罪なり
赤木ファィルの内容を全て開示しろ。赤木さんも私達も、真実を知る権利が有る。
安倍元総理は、政界から完全に離れた方が良い。院政は控えて欲しい。【 】
改竄経緯解明→安倍晋三逮捕
改竄経緯不明→超ヘタレの安倍晋三

解明することを願いたいです🐈️
手記や訴状によると改ざんの指示に涙を流して反発した俊夫さんらに対し近畿財務局の管財部長はいったんは「(本省の改ざん指示に)応じるな」と指示したが本省幹部からの電話を受けて方針を転換したとされる

嘘の上塗りを続けるの?
頼むから
これ以上国を壊すのをやめて
妻雅子さんの訴訟で、新たな局面に→ 赤木俊夫さんの自死から3年。国が初めて「赤木ファイル」の存在を認めることになった。国はこれまで、ファイルの存否について回答を拒んできた。
4完)赤木雅子さんは2020年6月、第三者委員会の再調査を求め35万筆以上の署名を国に提出。政府は応じず、「佐川宣寿氏が応接録の廃棄や改竄の方向性を決定づけた」との調査報告書や関与した職員の処分で幕引きの構えでした/経緯解明なるか 赤木ファイル:朝日新聞デジタル
政府は、赤木ファイルの存否について明言を避けると言う、いわば赤木氏を2度殺すようなことをこれまで繰り返してきたわけで、まずそこを謝罪してほしい。
ひたすら「モリカケがー」と言い続けてきた朝日新聞の執念は実りますかね?(笑)まぁ「やっぱりこんなもんかよ」で終わる可能性が極めて高いと思いますが。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR