TOP > スポーツ > 五輪に突き進む政権 再々宣言でも「やらぬ選択肢ない」 - 東京オリンピック [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

五輪に突き進む政権 再々宣言でも「やらぬ選択肢ない」 - 東京オリンピック [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 五輪の開会式まで3カ月となった23日、開催都市・東京に緊急事態宣言が出されることが決まった。だが、五輪の実現を最重要課題とする菅政権は、宣言と開催の是非を切り離して大会に突き進む構えだ。 菅義偉首相...

ツイッターのコメント(49)

[新型コロナウイルス]:朝日新聞
無観客でやったとしてもスポンサーのVIP達はおよそ10万人は入るんだよね。しかも費用はIOC持ちだとか。つまりは税金だよ。コロナ対策なんて奴らには無理だよな。
朝日新聞の歪曲報道を見つけてしまったのでペタリ。菅総理記者会見にて「オリンピックの開催についての権限はIOCにある。日本政府が決められる事でない」
コロナ感染しても入院先が決まらず自宅で亡くなる人も出ている。国民の命を守れないで五輪開催か!?利権優先だから国民から信頼、協力が得られないんだよ!!!
政権内からは「3度目の宣言が出たら五輪は厳しくなる」との声が出ていた。だが実際に再々宣言に追い込まれても、首相・官邸幹部らは「五輪をやらない選択肢はない」「宣言は関係ない」五輪実現に強い意欲を示し続ける
「これから東京五輪中止となると菅政権のコロナ対策の不手際のせいになってしまいかねない。だから開催を強行する」というのなら五輪の政治利用そのもの。
スガ政権を打倒するしかない怒。
絶対負けられない選挙ですね。
立憲の山井和則氏は23日の衆院厚労委で、5月17日ごろにIOCのトーマス・バッハ会長が来日するとし、「うがった見方をすれば、バッハ会長が来るから、それまでに緊急事態を終わらせたいという指摘すら出ている」と語った
もはや意地だけでやっているよね。
人の命が軽い軽い。
はぁ……。
最早憎しみ以外の感情しか持てない件
宣言期間も五輪と関係? 透ける思惑
いったい誰の何のために開催に突き進んでいるのか。「やらぬ選択肢ない」の意味がわからない。いや、選択肢もてよ、としか言えない。
これは中期的に考えてみると良いです。「やらぬ選択ない」状態にしてしまったのが、この1年間の政策ミスなのです。選択肢を常に保ちながらも時々のベター(ベストではない)を目指すことの重要性>
・もしIOCが中止といえばIOCも損失負担を強いられる恐れ

・開催させれば、赤字は都や日本政府に押しつけられる

・IOCは中華ワクチンを中国から買い取って選手に提供する構え

・中国はワクチンで儲かり、一流選手が打てば絶大な宣伝。中華ワクチンのおかげで開催ともいえる
3度目の緊急事態宣言でも五輪を開くのは「IOCがすでに決めているから」と菅首相。
この無責任、このずるさ。
いつから菅首相はバッハ会長の部下になったのか!
しかし、この記事を読む限り、国民の生命、財産、安心、安全を守り抜くという気概すら、この国の政府にはないということなのだ。五輪中止の選択肢がないというのは、そう宣言しているに等しい。命が軽い国になった。
宣言は5月11日まで。
IOCのバッハ会長来日は5月17日。

山井氏
《バッハ会長が来るから、それまでに緊急事態を終わらせたいという指摘すら出ている」》
《五輪を縮小、延期して、コロナ対策を優先する選択を》

菅首相
《バッハ会長とは東京大会を必ず実施することで一致》
五輪開催にインバウンドや景気浮揚効果がなくなった今、それでもやる理由は「総選挙で自民が勝つため」、畢竟それだけ。
ここまで日本人貶めてまで開催したい五輪

スポーツの祭典とかなんとかは建前

いまこの時に開催して知らしめたい為に計画
全世界に無能を晒すのか。
「IOCは開催を既に決定している」

国民の健康や安全よりも優先されるほど主権国家よりもIOCは上位に位置付けられるのかよ。それでも一国の首相か?
菅義偉首相は宣言を決めた後の記者会見で五輪を開催するつもりか問われ、「IOC(国際オリンピック委員会)は東京大会を開催することを既に決定している」と強調。「安全・安心の大会にすることができるように対策をしっかり講じていく」と語った。
菅首相はどこまで馬鹿なの?死ぬの?
死輪に向けて突き進む日本政府。
やってもいいと思うんですよ。やりたいなら。ただし、感染症予防対策を完全に行う必要があるため、ARとか仮想環境でお願いします(苦笑)。
コロナ対策より五輪!
狂気の菅政権

記事:山井氏が首相に「五輪を縮小、延期して、コロナ対策を優先する選択をすべきではないか」と問うと、首相は「バッハ会長とは東京大会を必ず実施することで一致している」と応じた。
「五輪を「人類が新型コロナに打ち勝った証し」とたびたび強調してきた首相。政権幹部らは、その成功を次の衆院選への追い風にしたい考え」(有料)。
開催するために必要なことを何もしないで突き進むのはいかがなものか。他の先進国諸国から1年遅れている首相。
「突き進む」「ひた走る」という主観や感情、あるいは若干の揶揄ある記事は話半分で読む派です。
菅義偉首相「IOC(国際オリンピック委員会)は東京大会を開催することを既に決定している」と強調
----
延期もIOCが決めたんだっけ?
まるで戦前を彷彿させる。世界情勢や国内の医療情勢さえ一切無視とは・・・
何年か前に、埋没費用(サンクコスト)という言葉が流行ったと思うが、すでに忘れ去られているのだろうか。自分がその渦中にあると、もったいない病が発症してしまうのかも知れない。/
 再々宣言でも「やらぬ選択肢ない」:朝日新聞
つくづくスポーツもその選手も嫌いになった。
<複数の関係者によると、感染状況は落ち着くと見越し、4月に観客上限を「50%」で打ち出す方向で調整していたという。ただ、宣言でシナリオが狂った。「残る道は二つに絞られた。いまのチケット販売分の入場を認めるか、無観客かだ」>
<五輪の開会式まで3カ月となった23日、開催都市・東京に緊急事態宣言が出されることが決まった。だが、五輪の実現を最重要課題とする菅政権は、宣言と開催の是非を切り離して大会に突き進む構えだ>
正気とは思えない。勝手に都民の命をかけないでほしい。
どう考えても五輪開催は不可能としか言いようがない:
「やる選択肢ない」の間違いでは?
”5月11日までの短期間とされた今回の緊急事態宣言も、五輪実現に向けたスケジュールと関係しているとの見方もある。”
この「五輪をやらない選択肢はない」なる官邸幹部の言葉は、おそらく「なにがなんでも実現できる環境を整える」という固い決意故の言葉ではなく、むしろ「本来中止すべきだとしても、もはや官邸にそのような政治決断を行う余裕も力強さもない」という諦観なのではと危惧する。
「やらない選択肢はない」「宣言は関係ない」
飲食店には自由を与えないくせに、自分たちはそう言って目と耳を閉じる。よくもまあ……
今から30年前だから2021年だったかな。確かスガとかいう首相が「明日、オリンピックやりま〜す!」とか言って、集合場所に集まったの結局1人だけだった。あんときゃ、死ぬほど笑ったよな🤣

それが今じゃ立派な古墳だぜ。
官邸幹部ら「五輪をやらない選択肢はない」「宣言は関係ない」▶️
『立憲民主党の山井和則氏は~5月17日ごろにIOCのトーマス・バッハ会長が来日するとし、「うがった見方をすれば、バッハ会長が来るから、それまでに緊急事態を終わらせたいという指摘すら出ている」』

やはり来るのか
「ただ、組織委が900億円を見込んでいたチケット収入はゼロになる。IOCとの契約では、組織委が赤字の場合、都や国が穴埋めすることになっている。大会経費(1兆6440億円)のうち、すでに9380億円(57%)を占める公費支出の割合がさらに増える可能性が高まる」
もうやめて~~~(T_T)
五輪の開会式まで3カ月となった23日、開催都市・東京に緊急事態宣言が出されることが決まった。だが、五輪の実現を最重要課題とする菅政権は、宣言と開催の是非を切り離して大会に突き進む構えだ。
玉砕が待っている。

“…五輪に向けてひた走る政権のありように、与党内から「今後、党内の不満がじわりと広がる可能性がある」(自民衆院ベテラン)と不安の声も上がり始めている”
政権の最重要課題がデカい運動会だって。血迷ってるとしか思えない!

>東京に緊急事態宣言が出されることが決まった。だが、五輪の実現を最重要課題とする菅政権は、宣言と開催の是非を切り離して大会に突き進む構えだ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR