TOP > スポーツ > プロ野球選手を陰で支える?下平さやかアナ語る「虚像」:朝日新聞デジタル

プロ野球選手を陰で支える?下平さやかアナ語る「虚像」:朝日新聞デジタル

■テレビ朝日アナウンサー・下平さやかさん スポーツ選手と結婚した妻が、自身のキャリアを捨てて夫を全力で支える――。選手に密着したドキュメンタリー番組でよく映し出される「定番」のシーンです。でも「それは...

ツイッターのコメント(102)

少し前に話題になってた下平さやかさんの記事。
【プロ野球選手を陰で支える?下平さやかアナ語る「虚像」:朝日新聞デジタル】
なんなの
影で支える妻って、なにもマイナスイメージないんだが

表舞台に出てこなきゃ、こいつらにとっちゃ正解じゃないんだろうな
なるほろ、確かにそれは一理ある
↑たしかにプロスポーツ選手はシーズン中に家族と食事しない方が多いですよね。それくらい距離感があった方が家族関係も良さそう。
自分と違うあり方を「虚像」というのは違うよね。年の3分の2が遠征なら、その間、妻が子育てするわけだしね。
「選手が成績を落とすと、妻がバッシングされることまであります。私がニュースを読むのをミスしたら、長野選手のせいなんですか。そんな理屈は、全く成立しないですよね」

ほんとそれ。
マジでこの文化早く消えて無くなれ
>変なことがまかり通っている世界だなと思います。

その変な世界って、マスコミ、マスメディアのことですよね。
先週放送分(かな?)「24 JAPAN」でお名前を拝見しました。「Mステ」をやっていた頃を思い出しました。(大まかなる年齢がバレる🥺)
さやかさん、男前過ぎる😍 ちなみにテレ朝時代の同期です。元気かな。
「プロ野球選手や家族がどういう生活をしているか、記者は絶対に知っている。
知っているくせに、紋切り型の「陰で支える奥様」みたいなものを作り上げようとするのは嫌ですよね。」

日本人独特なんだろうか、「ステレオタイプ」じゃないと安心できないのは??
他人にこうあってほしいという勝手な希望や、ちょっとした理解のなさによって、役割を押しつけてしまう、ということがあります。しかも、いかにも人を傷つける刃物みたいな形で現れるんじゃなくて、時には褒めているように見える。
とても良い記事。野球関係なく生き方、選び方が素敵
「プロ野球選手や家族がどういう生活をしているか、記者は絶対に知っている。//紋切り型の「陰で支える奥様」みたいなものを作り上げようとするのは嫌ですよね。」これ結構肝心かも…本音と建て前…。
”プロ野球選手や家族がどういう生活をしているか記者は知っているくせに、紋切り型の「陰で支える奥様」みたいなものを作り上げようとする。「アスリートの妻」は「虚像」だとよく分かった”
下平姐さん!!
カープ長野選手の奥さん!
長野選手は気づかいの人で
とても、優しいと聞きます

奥さんはどんなひとなのかな?🧐
プロ野球選手の妻に必要以上に内助の功を求めるようになったのはいつからだろう。
>私にやるべきことがあって、私が自立をしているという状態を望んでいるようです。

これってカップルや夫婦の円満に欠かせない考え方だよね。互いにやるべきことがあるから、対等に応援し合えるわけだし。
これは勉強になる良い記事。
たしかに在京セの球団でもキャンプ含めれば1年の半分以上は家にいないんだから、栄養管理なんてできるわけないわな。
あなたがもう少し違う考えを持っていたら、長野選手はもっといい選手になるでしょうね。
プロ野球選手と結婚するの嫌だな!と思ったのなら、結婚しなかったほうがよかったと思う。今更言うな。
「プロ野球選手って、1年の3分の2は遠征で家にいないんです。本当に管理したいと思ったら、ずっと帯同しないと」
そらそうだ……ステレオタイプの多くは言われてみればおかしな事。でもそれが当事者を苦しめるって改めて
夫を陰で支える妻という構造は、どれくらい存在しているんだろう。それをアイデンティティとして満足できる女性もいるかもしれないけど、周りがその虚像を作り上げるのは、差別でしかないと思う
確かに言われてみればそもそもほとんど家にいないから支えるもくそもないもんな。
ええお方じゃないですか!長野くん。
一回り位上の姐さん女房の記憶。長野選手が広島にトレードされた時も広島に移り東京で仕事を…。。
本音でズバット気持ちよい女子アナ。超ベテランも年齢を感じさせない。もう一度よるバズ復活して、足立康史をゲストに呼んでください。
下平さんの勇気ある発言。確かに作られたイメージなんだろうね。

それぞれのご家庭だろうけど、むしろ料理より、燕征だキャンプだでお父さんが留守の間のワンオペ育児の方が大変だと思うよ。

それは選手の奥様たち、素直に凄いと思う。
長野の成績が伸び悩んでいる理由がわかった!
なるほど

"プロ野球選手や家族がどういう生活をしているか、記者は絶対に知っている。知っているくせに、紋切り型の「陰で支える奥様」みたいなものを作り上げようとするのは嫌"

プロ野球選手を陰で支える?下平さやかアナ語る「虚像」:朝日新聞
いろんな形の夫婦があるというだけ。この方はたまたま楽なだけでしょう。記者が「陰で支える妻」のストーリーを作りあげようとしている、と決めつけるのはどうかな?下平さやかアナ語る「虚像」:朝日新聞デジタル
一貫して「夫が」ではなく「長野選手」と呼ぶのが熱い。
《自分が結婚してみて、「アスリートの妻」は「虚像」だとよく分かりました。なんだ全然大変じゃないじゃん、と。それはどんどん言っていきたいです》
それでは
貴女が長野選手に対して出来る事ってなんですか?
虚像とわかって報じること、他にもたくさんある。
当事者が訂正しないと直さないし直せない。
下平さんが声をあげた意味は大きい。
結婚直後の選手が成績を落とすと、妻がバッシングされることまであります。私がニュースを読むのをミスしたら、長野選手のせいなんですか。そんな理屈は、全く成立しないですよね。変なことがまかり通っている世界だなと思います
ステレオタイプな「アスリートの妻」像には正直違和感があった。下平さんの率直なコメントに思わずひざを打つ。渡辺記者が丁寧にインタビューしてます。#ジェンダー平等 #カープ #テレビ朝日
「でも、冷静に考えてみてください。プロ野球選手って、1年の3分の2は遠征で家にいないんです。(中略)つまり栄養管理はできない、していないんです。」
下平さやかさん、カッコいいな。
もちろん、「選手を陰で支える」奥様も素晴らしいけど、インタビューで語る一言一言が全て痛快。
よいインタビュー(有料記事だが
せやな。
スポーツ選手と結婚した妻が、自身のキャリアを捨てて夫を全力で支える――。選手に密着したドキュメンタリー番組でよく映し出される「定番」のシーンです。でも「それは虚像」と、テレビ朝日アナウンサーの下平さやかさん(48)は言います
: テレビ朝日アナウンサー・下平さやかさん…
先輩とは大違いだな、丸川の「愚か者めが」
「結婚直後の選手が成績を落とすと、妻がバッシングされることまであります。私がニュースを読むのをミスしたら、長野選手のせいなんですか」
ほんそれだよなぁ。この非対称。
とても良い記事だった。
「なんだ全然大変じゃないじゃん」笑。
この方はしっかりしたね。入社したての頃は心配したものよ。丸い人は醜くなってしまったね。(元々...ボソッ)やはり草食より肉食タイプの人の方が色々と動いて経験して知る傾向にはあるんだろうな。人間性に温かみを感じれる人が望ましいよ。
作られた役割分担イメージに対し、このように女性側から声があがるのも大事だ。

「食事で支える妻」というイメージは強い。しかし「プロ野球選手って、1年の3分の2は遠征で家にいないんです。本当に管理したいと思ったら、ずっと帯同しないといけないわけですよ。
<プロ野球選手や家族がどういう生活をしているか、記者は絶対に知っている。知っているくせに、紋切り型の「陰で支える奥様」みたいなものを作り上げようとするのは嫌ですよね>

おっしゃる通り

>
疑ってみること大事。
あるメディアから、書き手から見るとそう見える。それを信じた人が真似をする。で、マジョリティに都合のいい固定した性別役割ができていく。一人ひとり違うし、家庭ごとに事情もちがうのに。この事例もジェンダー格差が生んだ虚像だよね。
《言葉を正確に使うことは、事実を正確に把握すること。個を尊重するために、言葉のエキスパートになりたいと思っています》

下平さん、素敵な言葉をありがとうございます。聞き手は渡辺芳枝記者。
プロ野球選手を陰で支える?下平さやかアナ語る「虚像」(朝日新聞デジタル)
夫婦揃って賢いなぁ
もっと見る (残り約52件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR