密かに進む、日本企業の買収構想 中国を駆り立てる教訓:朝日新聞デジタル

 ハイテク産業で米国との対立が深刻化するなか、中国は様々な分野で重要技術の国産化を急ぐ。米国の技術に頼っていた半導体で制裁を受け、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などが追い詰められたことへの教訓...

ツイッターのコメント(10)

中国資本は
国家と企業の複合体キメラという化け物なのだから、
そのお化けを信じられますか?

中国に売ってくれ、カネはいくらでも出す、
もしくは
倒産企業を買い叩かれるようなことがあったら、
我々は簡単に手放しちゃうんですか?お化けに。
"中国メディアで「種は食料の半導体だ」といった言葉が躍るのも、ファーウェイが米国に狙い撃ちされた苦い経験を、ほかの領域で繰り返させるわけにはいかないとの危機意識の表れだ"
5日から始まる全人代は中国の「将来ビジョン」が示される重要な節目・・・と思いきや、香港がざわついていてそれどころではない可能性。
ハイテク産業で米国との対立が深刻化するなか、中国は様々な分野で重要技術の国産化を急ぐ。米国の技術に頼っていた半導体で制裁を受け、通信機器大手の華為技術などが追い詰められたことへの教訓からだ。
「種は食料の半導体」。。
やっぱり中国はすごいなあ…
「種は食糧の半導体だ」「外国産種子への高い依存は、農業生産の生命線を外国に握られているのと同じという危機感」
中国の国家戦略がとてもわかりやすいと感じる。日本は国が株を買い景気を支えようとしているが、このままでは量だけでなく質でも置いていかれるのではないか。
が進む道を占う全国人民代表大会(全人代)が5日に開幕します。「科学技術強国」構想の実態をリポートしてます。
以上
 
PR
PR