TOP > 政治・経済 > 高齢者接種、日程ありき 4月「公約化」、悩む自治体 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

高齢者接種、日程ありき 4月「公約化」、悩む自治体 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスワクチンをめぐり、政府は高齢者向けの接種を4月12日に始める方針を示したが、十分な量のワクチンは確保できていない。医療従事者向けと同時並行になる見通しで、混乱を避ける取り組みが必要...

ツイッターのコメント(14)

印象ではなく、実際に遅れている😡

政府関係者は「4月開始でないと、スケジュールが遅れたとの印象を国民に与えてしまう」と語った。
先行接種が始まった医療従事者(約500万人)向けが想定よりも膨らみ、高齢者は限定的な形で始めることになった。

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
予想通り混乱が広がってきました。医療従事者に接種し終える見通しもないまま、公約だからと高齢者接種を始めると。でも3600万人のうちメドが立っているのは55万人分だけ。その「線引き」は怨念を生むだけです。当面は医療従事者に絞るのが現実的な判断では?
十分な量のワクチンは確保できていない。医療従事者向けと同時並行になる見通し
「いつまで待つんだと声をいただき、自治体にスケジュールを示すデッドラインだろうと思った」

 4月「公約化」、悩む自治体:朝日新聞デジタル
新型コロナウイルスワクチンをめぐり、政府は高齢者向けの接種を4月12日に始める方針を示したが、十分な量は確保できていない。医療従事者向けと同時並行になる見通しで、混乱を避ける取り組みが必要となりそうだ。
医療従事者向けの117万人分と、高齢者向けの55万人分はメドが立っているような記事です。世界のワクチン需給(争奪戦)からして、残りは8月位にならないと見通せないのでは?

 4月「公約化」、悩む自治体:朝日新聞デジタル
ワクチンの確保は出来てないが、菅は息子の違法接待から目を逸らすため、ワクチンは4月から接種すると強弁。まさか水で薄めたワクチンではないだろうな。
バレると山田広報官が出てきて中身は水ですから健康に問題はありせんと。

 4月「公約化」
新型コロナウイルスワクチンをめぐり、政府は高齢者向けの接種を4月12日に始める方針を示したが、十分な量のワクチンは確保できていない。医療従事者向けと同時並行になる見通しで、混乱を避ける取り組みが必要となりそうだ。
ワクチンが入荷する予定もないのに、何故4月から接種ができるのか、朝日はウラも取らないで伝聞をニュースにするのか❓

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
新型コロナウイルスワクチンをめぐり、政府は高齢者向けの接種を4月12日に始める方針を示したが、十分な量のワクチンは確保できていない。
一般論を申し上げるなら、病院の予約時間でも遅れ遅れになるのに全国民に近い人々がワクチンを接種するのだから順調には絶対に進まないだろう。混乱は必至。
医療従事者と高齢者…ワクチン接種、自治体悩む優先順位:朝 菅さんの「高齢者のワクチン接種は4月から」ってほんの微々たるもの、それでも嘘にはならないが無いに等しい。「人類がコロナウイルスに打ち勝った証として」オリンピック開催するは完全に嘘。
医療従事者と高齢者…ワクチン接種、自治体悩む優先順位...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR