TOP > 社会 > 外国人なしでは「街がなくなる」国際競争、被災地に試練:朝日新聞デジタル

外国人なしでは「街がなくなる」国際競争、被災地に試練:朝日新聞デジタル

 「移民政策」のゆがみが東日本大震災の被災地に影を落としている。人口が減り、働き手の外国人頼みが強まっている。いまの仕組みでは定住を促すのは難しく、コロナ禍がもろに響く。そんな状況は日本全体の縮図でも...

ツイッターのコメント(60)

外国人なしではもはや日本は回転しない
特に日本人の若者が嫌悪する肉体労働業種は

しかるに彼らを安い労働力として利用しながら
外国人差別を正当化するネトウヨの存在は
日本の基礎を崩壊させるだけなんだがな

技能実習生の実態は細っていく「働き手の確保」なのだが、コロナ対策と同じで、自民党・公明党の場当たり的法制備では、根本的な解決、(条件を整えて)移民を認める方向には進まない。
字面だけ見ると「学生に働いてもらわないと産業が成り立たない」と読めて何を言っているのかわからなくなる…
〈日本は最低賃金の水準が先進国の中で低いうえ、政府が外国人を労働力の補塡(ほてん)としか見ていない。このままでは、外国人から選ばれなくなる〉
コロナ禍で失業してる国民が多数いる中で、外国人に頼らざるを得ないのはおかしいだろう。給付金ではなく、地方移住や一次産業への転職、職業訓練などに手厚く補助をすべきでないか?
これが日本の現実。
〈働き手世代である15~64歳の人口(生産年齢人口)はこの10年、全国で6%減ったのに対して、岩手、宮城、福島の被災3県では11%減。気仙沼など三陸沿岸部の減少は著しく、実習生への依存度が高い。〉
中共支持による、日本分断記事かねぇ👹
働き手世代である15~64歳の人口(生産年齢人口)はこの10年、全国で6%減ったのに対して、岩手、宮城、福島の被災3県では11%減。気仙沼など三陸沿岸部の減少は著しく、実習生への依存度が高い。
三陸沿岸。「「移民政策」のゆがみが東日本大震災の被災地に影を落としている。人口が減り、働き手の外国人頼みが強まっている。いまの仕組みでは定住を促すのは難しく、コロナ禍がもろに響く。」
外国人なしでも成り立つように努力しないといけない。
誰が困るの?
町村合併して隣町の支所になれば良いだけの事。
医療も学校も大きなところにまとまれば良い。
また朝日新聞の捏造報道か。外国人を徒に入国させるから、反日の在日を居続けさせているから、犯罪増えて「街がなくなる」んだよ。
 朝日新聞、早く潰れれば良いのに。
≪菅原渉社長 (46) は「インドネシアでは中間層が増え、日本に来てくれる人は減っていく。それでも選ばれる街でありたい」。礼拝所のとなりには豚肉を使わない料理店を開いた。地元の努力は教育面にも及ぶ。実習生向けの日本語教室を月に2回、住民らが開いている≫
日本は人口減なので山村も消えて行くが、それに従って社会は順応していかざるを得ない。自然の理。
「韓国の最低賃金は、日本円に換算すると820円ほど。宮城は825円で、岩手は793円だ。790円台の県は、山陰や四国、九州などにもある」と記事。日本人労働者の問題でもある。
「実習生が来てくれると職場が明るくなる」
以前、塩釜の工場で聞いた話を思い出す。ほかの地域も「来てもらう」ための努力をしていた。

被災地は特有の事情を抱えつつも、日本の課題が一番見えるところでもある。どういう姿勢で臨むべきか、そこから見えることがある。
「「次は、韓国に行きたい」。宮城県石巻市の中小企業で実習生として働くベトナム人女性(20)はそう話す。(続く)
「韓国では採用の手続きを国が担い、ブローカーを排除している。渡航の準備費用などを考えると日本よりいい、との声がある。」
外人は誤魔化し。つけを後に残すだけだ。
デジタル化と大規模化でイノベーションを起こせ!
時代はもう「日本で働きたい」ではなくなっています。「来てほしい」のなら、どれだけ「相手が欲しがるもの」を提供できるのか、が問われていますね。
有料記事だけど日本の労働現場の実情を多くの日本人はもっと知った方がいい。きっと外国人に親切になるよ。
今の制度では、定住できないよね。
「政府が外国人を労働力の補塡としか見ていない。このままでは、外国人から選ばれなくなる」と神戸大の斉藤善久准教授(労働法)。
北米大陸はネイティブインディアンが白人植民団を暖かく受け入れて、乗っ取られました。
ハワイ王国はアメリカ本土の植民団に選挙権を与えたため、乗っ取られました。
外国人なしでは成り立たないから外国人を受け入れるんじゃなくて外国人なしでも成り立つように日本は変わっていくべきだと思うよ。
日本に外国人が増えて礼拝所が必要になるなんてお断り。
韓国●最低賃金が日本の複数の県より高い
●採用を国が担い、ブローカーを排除
そりゃ日本で技能実習生になるより韓国に行くわさー
我々日本人はこうした議論に背を向けてきた。それがゆえに、「移民」ではなく「奴隷」としての扱いをしてきた。
いつまで我々は「見たくない事実」に目を背けるのか?
「共生」は日本人だけではなく海外からくる人々とともに生きることも含まれる。当然だが!
"「外国人がいなくなれば街がなくなる。定住できるように見直すべきだ」。三陸でかわむらを営む川村賢壽会長(71)は訴える。"
「韓国では採用の手続きを国が担い、ブローカーを排除している。渡航の準備費用などを考えると日本よりいい、との声がある。」
「移民政策」のゆがみが東日本大震災の被災地に影を落としている。人口が減り、働き手の外国人頼みが強まっている。いまの仕組みでは定住を促すのは難しく、コロナ禍がもろに響く。

外国人なしでは「街がなくなる」国際競争、被災地に試練:朝日新聞
“韓国では採用の手続きを国が担い、ブローカーを排除している。渡航の準備費用などを考えると日本よりいい、との声がある。”
コロナがきっかけでもあるが、制度のひずみが“選ばれない国”に…
震災対応で自民党は当時の民主党を批判しましたが、自民党も似たり寄ったり?😱
→韓国の最低賃金は820円ほど。宮城は825円で、岩手は793円。790円台の県は、山陰や四国、九州などにもある。韓国では採用手続きを国が担いブローカーを排除。渡航の準備費用などを考えると日本よりいい、との声がある。
こんな程度では無理じゃない。
今のままの差別的な制度/風土では外国人の方が不幸になるだけ。難民を受け入れる為に何ができるか、考えるときです。
ツイッターでは外国人単純労働者は極めて評判悪いが、自民党がほとんど異論なく外国人単純労働者受け入れ政策に向かっている理由は、地元で一部支持者から事業存続の問題と強く言われているからだと分かる。女川町とか、彼らへの依存度が目立つ。
実習生頼みな状況を変えていく方が重要では?
そういう現状があるなら、如何にしてその問題を解決出来るか
外国人による犯罪が散見される中、敢えて外国人を頼るよりそれに依存しない方法を考えたい
当たり前・日本は外国人無しではもう立ち行かない時代に入ってる。
外国人なしでは ここ10年で日本滞在の外国人は人種問わず日本語が上手い,明らかに日本人より語彙が豊富で行儀もいい事には気付いとった.心理的偏差値みたいなもんで他国人が丁寧で仕事熱心になると日本人は語彙が貧しく仕事も毎回言う事が違っとって行儀も悪くなるもんかね.
外国人頼りのところは現実にあるわけで、そういうところに自分たちだけで今すぐ何とかしろと言うのは無責任かと。
同僚の記事。夕方、石巻で実習生へのインタビューを私も手伝いました。インドネシアからの人も少なくなく、久しぶりにbahasa indonesiaで話しました。週1回の休みで、朝から晩まで働いて10万円・・・これは安すぎます。
外国人なしでは「街がなくなる」…

気仙沼市の地元有力企業がインドネシア人のためにイスラム教の礼拝所をつくり、その隣には豚肉を使わない料理店まで開いた。すごい…時代…
人口6万人ほどの宮城県気仙沼市に、イスラム教の礼拝所がある。漁業や水産加工に携わるインドネシア人の技能実習生のため、地元の有力企業、菅原工業が一昨年夏に設けた。
「街をなくす」という選択肢があっても良いと思う。人口が減っていくのに、すべての地域が成長し続けるなんて現実的ではない。
神戸大学斉藤善久准教授(労働法)
「日本は最低賃金の水準が先進国の中で低いうえ、政府が外国人を労働力の補塡としか見ていない。このままでは、外国人から選ばれなくなる」「家族の帯同や長期の在留資格を広く認め、日本人と支え合って暮らせる社会をつくるべきだ」
「外国人を労働力の補塡としか見ていない…家族の帯同や長期の在留資格を広く認め、日本人と支え合って暮らせる社会をつくるべきだ」制度だけでなく、地域社会の体制整備も必要。労働力として彼らを望む実態を表す見出しの言葉が少なくなる社会に、その改善と共存の一歩を
「宮城県は、日本語学校を設ける検討に入った。村井嘉浩知事は「人口の減少は(津波被害にあった)沿岸部で最大の課題。新たな人に移り住んでもらうことは非常に重要」と話す。」

日本語学校は過疎対策なのか・・・。
今回のコロナは、政治・社会・行政の悪い部分が大きな問題となって現れている

いづれも平時にしっかり解決をさせてこなかったからこうなったものだ

政治家は責任をとれ
実習生っていえば聞こえはいいけど実際は格安労働者じゃろ
「日本の最低賃金は先進国としては低く、政府は外国人を労働力の補塡としか見ていない。このままでは、外国人から選ばれなくなる」。
人口減に移行させてると解釈できるような無策の結果じゃ?
とにかく、外国人の受け入れには反対。
外国人を安価な労働力として輸入すると在日コリアンと同じ問題が将来発生する。外国人に頼らざる得ない地方は消えてくれ。
きつい言い方をすると、随分と身勝手な言い分に感じる。
実習生なしでは「街がなくなる…」被災地に国際競争の渦...
徳島慎也
2021年1月24日 19時00分
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR