TOP > 社会 > 丸紅、新卒総合職の半数女性に 「男社会」脱却へ大幅増:朝日新聞デジタル

丸紅、新卒総合職の半数女性に 「男社会」脱却へ大幅増:朝日新聞デジタル

 大手総合商社の丸紅は、2024年までに新卒で採用する総合職の半数近くを女性にする。女性の総合職は例年2~3割にとどまっており、「環境変化に柔軟に対応するには、同質的な集団からの脱却が必要不可欠だ」(...

ツイッターのコメント(112)

森さんの発言で、丸紅のニュースが思い浮かんだ。
この時TLに上がったのは、半数女性とか、半数男性とかそういう問題じゃなく、その会社にあった人をどれだけ取れるか。という議論が行われていた気がしていて。
これ男女雇用機会均等法に違反しないの?
ただただ能力で選べよ。
半数を女性にするって確約するなんてアホらし
視点を性差に置いてることには変わり無いやん
工業社会も崩壊しつつあるんだから、そろそろ年齢やy性別を考えるのを止めるべき。女性総合職を増やすのも当然なら、男性事務員を増やすのも当然。後者が出て来ないから、男女逆差別が深刻化しつつあるわけ。
これが機会の平等ではなく、結果の平等。

フェミニストが人事部長かな?
アファーマティブアクションと同じ結果になるよ。
で、人の使いかたのわからんやつに任せて優秀な人材を潰して「やっぱり同質性は大事です」って逆行しそうだな。
これはもちろん良いことですが、こんなことが未だにニュースになることは残念だと思います。
今さら感がすごすぎるw
15年遅れくらいのイメージでむしろこれわざわざ言わない方が良かったんじゃないか。。
いかに旧態依然とした会社なのかがよくわかりますね。
良いニュースですね❣️

(私の裏の声)
男の子の採用ヤバくなってるのかな?

変化は、変化しない痛みが変化する痛みを超えた時に起きるって言うし😆
「環境変化に柔軟に対応するには、同質的な集団からの脱却が必要不可欠だ」

どうやって同質集団内からこういう問題意識にいたって、こうやってトップが言い出すまでになったんだろう。その背景をもっと知りたい。
うちのゼミは女子の比率多いんだけど、先生は男女関係なく優秀な人から採用した結果だって言ってた。
シンプルに優秀な人から採用すれば良いだけだと思うんだけどな。
元々女性が受ける数ってどれくらいなんですかね。女性の内定率が低いってことなのかそもそも応募数が少ないかで違うとは思います。ただ、「女性管理職を増やす!」みたいな増やすことだけを目的とすると盛大に滑る可能性があると思います・・・
・丸紅、2024までに新卒採用(総合職)半数以上を女性に
→まずはわかりにやすいところ(数量)から始めるのはあり。「まずは」である限り。
⬇️
市長選の公開討論会でもテーマになりましたが、北杜市も進めましょう。
個人的意見ですが、これは体質変えるコストの方が多大で2-3年で終わると思う。
バランス欠いたアファーマティブアクションは会社本来の稼ぐ力を削ぐ。
というか女性比率はマネジメント側が率先して
素晴らしいとは思うが、必ずしも半々であることが正しいとは思えない。基準に沿ってればよく、そこに性別という偏見がはいらなければいいのであって、極端言うと、女性が大半を占める年があってもおかしくはない。半々にすることが目的にならなければいいが…
これ、女性の比率が少ない理由にもよるよなあ。優秀な順に採用していった結果なのか、そうだとしてもその判断基準の問題なのか。
そして今後優秀な女性が大量に応募してきたとき、51番目以降はどうなるのだろうか。
“ 「男社会」脱却へ大幅増”
進む日本ビジネス社会の欧米化。
弊社の新卒を男女半々で大体年間150人は取ってるけど辞めてくのも女性が大半やで

男女半々でとっても男女平等参画社会の形成は無理やぞ
こういうのを見るたび、半数とか決めなきゃいいのにと思う。
優秀(ポテンシャル含め)だと思う人を上から取っていけばいいのに‥
その結果女性が半数になるのか、8割になるのか、1割になるのか、知らんが‥
そうすれば比率は年によって変わるだろうし‥
元々の1割は少ないし、女性が活躍するのはいいことだな。
ただ、男社会の中に飛び込む女性は苦労しそう。受け入れ体制は十分だろうか。
「男社会」脱却へ大幅増 お題目は結構だが、実際に入社する女性社員は勿論のこと、その面倒を見なきゃならん上司たちのフォローアップをできる準備はできてるんだろね?この施策で近い将来メンタルを壊す中間管理職は確実に出るぞ。
これを受けて「遅い、今更か」という批判的な意見が散見されるけど、
そもそも未だ「男社会」を脱却する気もないような企業も多数存在しているのが事実で、そこらへんに対するインパクトは少なからずあるだろうから良いニュースなのでは…とも思ったり
これは思い切ったね。他所ではじかれてることを考慮するとその方が優秀な学生集められるとか、なんか根拠や公算があってやってそうなので、その辺りをもっと詳しく知りたいな。
なんか違和感。
これまで女性だから落としてたのかな。
採用基準に合う優秀な人取ればいいし男女比なんて関係なくないか?無理して女の人取る必要ないし、この宣言自体が男女差別なのではないか?
さて総合職を選ぶ女性はどれくらい居るんだろうか。
こういう女性の管理職を50%にします的な取組って手段が目的化してしまってるように感じてしまう、、
シンプルに能力を平等に評価すればおのずと比率は上がってくると思う私です
良い取り組み。数を増やすのが目的になってて本質的ではないという批判もあるが、数が増えることで女性が働きやすい環境をつくる必要に迫られる。高齢者優遇・若者軽視の政治を見ればわかるように、得票(収益貢献)に繋がるマジョリティは大事される。
まずは数を増やす

女性が働きやすいイメージを作る

女性の応募者を増やす

男女関係なく優秀な人を採用する

というロジックですね

数が揃ってないと何言っても叩かれる風潮があるので、数を合わせるところからスタートするの賢い。
大事とかそうあるべきってことじゃなくて、これまで性別で採用基準が変わっていたことを告白していて、かつての大学入試と同じこと。
なぜ今まで、毎年のように男性が圧倒的多数だったのか?

1 男性の方が優秀だから
2 女性が応募してくれないから
3 偶然

多分、そのどれでもない。

その根本的に理由にメスが入ったのか、メスは入らないが表面的な形なのか。

そっちの方が重要。
ほう。でも2024年度までとか言ってないで次回からでいいのでは。
ジェンダーイクオリティを実践する企業が増える… →  3年以内に異例の比率増
三菱・三井・伊藤忠・住友・丸紅をみても、
女性総合職がが2割いたっけ?
というぐらい女性イメージがない。

長期海外滞在、長時間労働、の面で、
女性イメージが全く持てないのです。

増やすのはいいけど、結婚、妊娠出産まで
どんな風に考えているのか興味があります。
このまま放っておいたら日本滅ぶからな
丸紅ならそんなことはないと思うけど、女性はほぼ全員は入れるとかなったなら、全員優秀とは限らないわけで、社内で「今年の新卒は・・・」って言われたりしそうで不憫ではある。
---
大変素晴らしいニュース!

が、是非この流れで、ライフステージが変わっても働き続けられる環境にしてほしいです。そこが変わらないと、働き続けられない。

そして、男性がこの動きを支えないと!

 「男社会」脱却へ大幅増:朝日新聞
就活中は企業の男女比率に注目していたけど、今は仕方のないことだと思ってた。でも大企業が明確な基準を設けてくれれば、他も後続しやすいのでは。集団浅慮の危険性を自覚した、とえも良い選択!
男性社会である商社の世界でこういうメッセージが発せられる意味は大きいと思う。こういう姿勢があるかどうかは会社選びの大きな判断基準になるね。学生たちはきっと見てます👀
明かしてやるだけ良心的なんだよね。かたや国家公務員は【守秘義務です】。医学部入試不正みたいな。ところでちゃんと処遇もするんだよね。採る目標達成したら晴れてポイじゃないよね。
-
順天堂大学は👀
男子より女子の方が優秀だから💦
意図的に男子に下駄を履かせ〓
女子を不利益扱いしたと言う🎈
これには男子よりも女子の方が優秀だと言う📚
科学的根拠が有ったに違いない⚡
採用枠全てを女子にする事が🌷
御社の利益になると信じる❕
コレがニュースにならない社会にしないといけないよね。
現状に鑑みれば大変結構なことかと思いますが
「これまでそうでなかったのか!!」
と愕然とする若い方が多くいそう。
大手総合商社の丸紅は、2024年までに新卒採用の総合職の半数近くを女性にする。現状は、総合職(約3300人)のうち、女性が約1割で、管理職に占める女性は6.4%
で、いまのままいくと「20年後も男性がほぼ8割」と。「同質的な集団からの脱却が必要不可欠」
短期的視点で見ると女性の採用数をというのは商社なんかではまだまだあるのかもしれないと思いつつ、本来は男性も女性も、個でみれば多様性の中の一つであり、組織や個人に向き合う者としては、その人の個性が活かされ...
結婚率が上がりそう。
逆差別とか意見も散見されるが、たった半数を女性にするのが逆差別なのか?たった半数だからな。

ダイバーシティな環境下の方が生産性が上がるという研究も、成果も出ている中で、まだ逆差別と言うのは笑える。

 「男社会」脱却へ大幅増
本文では「半数近く」と書いているけれども、ともかく実現できれば素晴らしい。
そしてこれに東京医大や順天堂みたいな「反論」が出てくることに改めてのけぞる。
とりあえず元記事吊り下げるだけ吊り下げとこう
もっと見る (残り約62件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR