TOP > 政治・経済 > バイデン氏、46代米大統領に就任「民主主義は勝った」 - アメリカ大統領選挙2020:朝日新聞デジタル

バイデン氏、46代米大統領に就任「民主主義は勝った」 - アメリカ大統領選挙2020:朝日新聞デジタル

 ジョー・バイデン元米副大統領(78)が米東部時間20日正午(日本時間21日午前2時)前、ワシントンの連邦議会議事堂前の就任式で宣誓し、第46代大統領に就任した。バイデン氏は就任演説で「全ての米国人の...

ツイッターのコメント(11)

「民主主義は勝った」・・・ねぇ・・・
なーにが「民主主義が勝った」だ
大統領は選挙で決めてるんだから別にトランプが当選しようと民主主義に勝ちも負けもない
自分のイデオロギー=民主主義と思っている人ほど考え方が民主主義的でない
今日はこのあたりから。
勝利って何だろうなと思ったりします。その辺は今後分かってくるのでしょう。
家で話してて「欧米にあって日本にないもの」として、聖書に手を置いての宣誓、と言う事になった。
有権者と神様両方に誓うんだから何かやらかしたら疚しさは両方から来る。ましてや信仰心の厚さに差があるし。
何やってもバチ当たんない神道系の集団には解らないだろうなあ。
「民主主義は勝った」と言えるアメリカ。
「民主主義は壊れた」としか言えない日本。
バイデン氏は就任演説で「全ての米国人のための大統領になる。私を支持した人のためと同じように、支持しなかった人のためも一生懸命闘う」と訴え、分断された米社会の結束を呼びかけた。
バイデンが無事大統領に就任したそうで。
変わって良かったかどうかは今の時点では分からないから
何とも言えないけどσ(^_^;)
「良かった」と思ってる人のままで居たらいいけどね・・・
はてさて♪

僅差ではあったが、アメリカ国民が民主主義を守った、という点で賞賛する。良かった。
そして。
大阪梅田は、小浜市がオバマ大統領誕生日に燥いだようなことはやらないのだろうか。梅田をばいでんとよませてとか…。やらんか……(自失笑)。
バイデン氏、46代米大統領に就任


トランプとバイデン変わりがない、という冷めた意見もあり、同じく大国アメリカの利益代表者ではあるが、それでも違いはある。その違いを世界の希望とする立場でありたい。日本を変える良いチャンスでもある。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR