TOP > 国際 > 傷めなかった民主主義、抑えた感染 オードリー・タン氏:朝日新聞デジタル

傷めなかった民主主義、抑えた感染 オードリー・タン氏:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスを流行初期のうちに抑え込んだ台湾で、その成功を支えたのは行政のデジタル化と官民の協調だった。そう語るのは、感染対策の中心人物の一人で、抜群の頭脳を生かして社会改革に取り組んできた唐...

ツイッターのコメント(94)

傷めなかった民主主義, 抑えた感染

「マスク不足の頃, 行政は『風通し良い地下鉄車内でマスク不要』と説明。でも人々はマスクを着け続けたので 私達は考えを改め マスク増産に尽力。

行政が権威的な指示をしていたら こうならなかったでしょう」
日本でもこういう方がいたら。。。
やっぱり専門家じゃないと。。。
政府が信頼されていないと。そしてオードリー氏のような異能の人は今の日本では潰されてしまう。台湾がうらやましい
「自分さえよければいい」と言う考え方は、人々を滅ぼし、自らも滅ぼすと言うことを、どうして日本の権力者たちはわからないのだろうか
トップがちゃんと心から発信している情報かどうかで国民の意識って変わると思う。
日本の政府はその場しのぎで役人任せの文章読んだだけで心からの声が全く聞こえないから従わないのは当然。残念だけどどうして信用できよう?
「一方で、李医師の情報は武漢の人々に届きませんでした」

馬鹿言え。そんな不確かな情報が出回ったらパニックになって武漢を脱出しようとする人たちが続出して全土が汚染されている。
「考えさせる教育、人間主体の技術、対話による共通の価値観。」こういう人が大臣として実際に行政を進めているという、圧倒的な先進性。
台湾でのマスク配給制は当初、コンビニのATMを活用する予定だったが、祖母(88)世代の要望により、健康保険カードでの本人確認とコンビニでの現金払いになったという。「これは面倒にも見えますが、デジタル弱者に安心感を与えるのです」 #オードリー・タン
「行政は健康保険カードを使ったマスク配給制度を作りました。コンビニがマスク配給場所として名乗りを上げてくれました。誰かが主導したわけではなかったのです」
「台湾ではネット上で、自分の健康保険カードに誰がデータを書き込み、読み取ったのかを調べられます。医師の診断内容だけでなく、X線やCT撮影の写真も見られます。このシステムは官民の信頼を増すのに役立っている」

個人情報を差し出す不安を拭うには透明性が欠かせない。
なんでも国のせいにせず市民自身が自律できる台湾。
“マスクが不足していたころ、行政は『風通しの良い地下鉄車内でマスクは不要』と説明しました。でも人々はマスクを着け続けたので、私たちは考えを改め、マスク増産に尽力しました”
「才能というのは善を志向するものなんだね」とガハク♪→
「台湾とは逆に李医師の情報は武漢の人々に届きませんでした。言論の自由が確保されていなかった中国は武漢の封鎖という手荒な手段をとらざるを得なくなったのです」
「社会と行政と経済界との協力」⇒全社会的なアプローチ⇒One Teamの勝利!💪STAY GOLD!🤩
特筆すべきはオードリー・タンは「何か特別な事をひとつも言っていない」という点ですね。少なくとも自分にはそう感じられました。この方を英雄視して台湾の対応を褒め称えてもしょうがない。これを出来ない組織運営だとすれば、それこそが問題なのでは?
「台湾は感染症対策部門の職員が、肺炎の流行をネットで発信していた武漢の李文亮医師の情報に気付き、即座に防疫を強化しました。憲法に規定がある緊急事態を宣言せず都市封鎖もしていません。民主主義制度を傷めず、穏やかな方法で中国と同じような結果を得ました」
オードリー・タン氏に来てもらいたい!日本に優秀な人がいても登用されないし潰されてしまうのかも。
サムネの顔が、あの人に見えて、読んでも話が入って来ない・・・(^^;
ともすればコロナを押さえ込んだとされる人民共和国側の強権的手法に魅かれがちだが、民主的やり方でも勝てるとするオードリー・タン氏に希望の光を見る。
マスクの柄が可愛いねw。> ・タン 氏:朝日新聞デジタル
目線の高さと距離感。それに従って現状を変えていく行動力。こんな政治家・官僚は日本にはいないだろう。憧れる。
TV取材でも感じたオードリー・タン氏の柔らかさ
芯は強いモノをお持ちだろう
氏は人類はもとより 世界をも愛せる器なのでは?と思ふ
受け答えの理路整然さたるや…。
とても学びが多い記事です
今日の朝刊でこれ読んだのだがめちゃくちゃよいインタビューだった。
後で読む。
日本が追いつく事は、あり得るんだろうか?🤔
天才を生む土壌と
その天才を縛り無しで使う度量があれば
なんだかんだで上手くゆく
ぜひ日本でも導入してほしい。

「台湾ではネット上で、自分の健康保険カードに誰がデータを書き込み、読み取ったのかを調べられます。医師の診断内容だけでなく、X線やCT撮影の写真も見られます」
日本も、オードリーのように賢くて国民を守ろうとする人が政治に関われば良いのにね。愚愚愚ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄
コロナ対策のみならず、民主主義、テクノロジー、プライバシー、社会的包摂…と、あらゆる「考えさせられる材料」が詰まったロングインタビューです
有料だが読むべし。もう台湾政府を日本に派遣してほしい😓メディアリテラシーは小1からだって!ATMさえ使えないチョー情弱にも届く配給システムだって!
今、日本が1番コンサルして欲しいと思う人です!※個人的に
まじ、コロナ対策は台湾に委託しようぜ

電通に抜かれるよりましだろ

本土の空港からなら、沖縄にいくのとさほど変わらない時間で空輸できる
コロナ対策だけでなく、行政のあり方、デジタル化の課題についても聞いたオードリー・タンさんのインタビュー。
「…私たちには、民主主義とは2大政党の争いではなく、多くの価値観を持つ人々が対話していくことだという考え方があったのです…」
日本は台湾からコロナ感染対策を学んだほうがいい。でも民度の問題もあるのかもしれない。自分さえ良ければも結構あるけど、まだちょっと良心を信じているところもある。ジャパーン🇯🇵
まてまてまてまて
お前ら、コロナ対策のためなら、ほぼ全権を行政府に委任する法律を議会で通しただろ
何が民主主義を痛めてないだ
三権分立ぶっ壊したやんけ
日本の政治家の問題が第一であるが、大手新聞社を筆頭にした情報メディアのあり方も問題。平和ボケの危機感ゼロの
無料の前半しか読んでないけど、朝日新聞の記者が失礼極まりない。中国の対応もうまくいってち台湾と似てるとか、やり方は全然違うのに。そんなに台湾貶めて中国を持ち上げたい?
「新型コロナウイルスを流行初期のうちに抑え込んだ台湾で、その成功を支えたのは行政のデジタル化と官民の協調だった。感染対策の中心人物の一人で社会改革に取り組んできた唐鳳(オードリー・タン)さん。日本のコロナ対策だけでなく、国のあり方についても考えさせられる」
民主主義を傷めることなく を初期に抑えることに成功した台湾。
オードリー・タン氏「民主主義とは多くの価値観を持つ人達が話し合い、違う価値観の人を理解しようとし続ける事。」
山下達郎クリソツ/
――中国もコロナ抑止に成功したとされていますが。

 「中国の手法は台湾と全く異なります。……」
台湾デジタル担当政務委員 唐鳳(オードリー・タン)氏インタビュー
(1月14日付朝日新聞朝刊「オピニオン&フォーラム」インタビュー
「台湾にみる官民のあり方」
ー民主主義を痛めずコロナ抑止に成功、信頼と強調が基礎―
(新聞版見出し)

1/5
もっと見る (残り約44件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR