TOP > 社会 > 緊急事態宣言、飲み会抑制に重点 罰則導入はいつごろ? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

緊急事態宣言、飲み会抑制に重点 罰則導入はいつごろ? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、「緊急事態宣言」が再び目の前に迫ってきました。首都圏の4都県を対象に、週内に発出する方向で政府が調整しています。宣言が出ると、私たちの生活に何が起きるのか――。...

ツイッターのコメント(20)

時短より人数制限でしょう。おひとり様のみ可にすればいい。
マスクなしてフェイスシールドは効果ないって、日本のコロナ対策指導が出来ていないってこと、他国の人は知っています💢じゃ
今まで散々言われてきたのに対策らしいこと何もしなかった自民党が罰則を導入するのか?
おかしくないか?コロナ禍でも癒着企業にズブズブで、無策無能を極めてたのに、今度は罰則までつけるのか?
十二分な補償があれば、国民はある程度落ち着いて外出を止めることができる。
罰則導入ありき、政治の世界では既定路線なのだろうか?こういう見出しで、果たしていいのだろうか……。
宣言が出ると、私たちの生活に何が起きるのか――。
食品を扱う店員(運ぶ方も含む)に定期的(概ね週2回)のコロナのPCRまたは抗原検査を条例で義務付けたらどうか、月1回の検便検査と同じように、金かかって営業できません…
まるで効果の無いフェイスシールドでこの有様。旅行せよ、飲み食いに行けと煽った政府の誤ったメッセージがもたらしたのだ。
緊急事態宣言が出された場合、私たちの生活にどんな影響があるかについてまとめた記事です。春とはだいぶ違った形になる可能性があるとのこと。不特定多数の人と無防備に飛沫をとばし合う場面を徹底的に減らすことが求められそうです
飲み会抑制に重点?何をいまさら。政府や専門家がいつ何を言ったかいちいち覚えてないが、「ぺちゃくちゃ喋りながら飲食」は危ないってことは、普通の脳みそならとっくにわかってるだろ。今飲み会やってるのはかなりの情弱。
罰則導入ではなく,補償導入でしょうが。
それにしても,この写真のダメ光景は何???🔥🔥
『いま検討されている宣言は、東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県での「飲み会」の抑制に重点を置いたものになりそうです』

たまに一人で居酒屋行ってる。「会」じゃないけど。注文くらいしか声を出さない。
罰則規定がないと効果は薄い。刑法規定を取り入れ、警察が直ぐに対処できるようにすべきだ。それと休業補償金は廃止すべきだ。店を保護するくせに、従業員を保護しないのはおかしいだろう。それより特別法で休業中の店の家賃徴収を禁止すべきだ。
緊急事態宣言が出ない県も、その規制内容にある程度準ずる対応を検討してくるような気が。
この写真みたいなのは厳しく規制していいと思うけど一律に20時までと言われてもね>
11日の成人式を待ちわびる方も多い。中止を決めた区もあり、練馬区も難しい判断になる。

9日発令なら混乱は必至。例えば晴れ着のキャンセル料は誰が払う?宣言の実効性を高めるためにも、十分な周知期間と補償のガイドラインを早く。

晴れの日を悔し涙で曇らせてはいけない。
新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、「緊急事態宣言」が再び目の前に迫ってきました。首都圏の4都県を対象に、週内に発出する方向で政府が調整しています。宣言が出ると、私たちの生活に何が起きるのか――。
リハスタやライブハウスはどうするんかね。
【第6報】


「緊急事態宣言」が再び目の前に迫ってきました。昨年春の宣言との違い、今後の見通しについてまとめました。
東京、神奈川、千葉、埼玉の4都県での「飲み会」の抑制に重点を置いたものになりそうです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR