TOP > 社会 > 夫婦別姓 なぜ世の中の「最優先課題」になれないのか:朝日新聞デジタル

夫婦別姓 なぜ世の中の「最優先課題」になれないのか:朝日新聞デジタル

 5年に一度見直す男女共同参画基本計画の中の選択的夫婦別姓の書きぶりをめぐり、昨年、自民党内の議論が注目されました。旧姓を使い続けることを届け出る案など「一歩前進」とも映る案を提示する議員もいました。...

ツイッターのコメント(32)

選択的夫婦別姓、早く実現を!
有料記事だから中身は読んでないけどなぜなぜ世の中の「最優先課題」になれないのかといえば、どっち選んでもいいと言いながら女性が改姓するのが主流だからじゃない?
本当にいつになったら実現するのか。
女の人が変えなければいけない風潮、いい加減にしてほしい。
自分の姓を守りたいだけじゃん、何がおかしいの。選ばせてほしい。
読める方は是非読んで。リンク先より「日本は今もまだ『前近代』だということです。」
Q.
 なぜ世の中の「最優先課題」になれないのか:朝日新聞

A.
朝日がグループ全社をあげて取り組む親子別姓推進運動だからです
別姓を導入しろとうるさい連中→元から自民党支持者じゃない
自分は夫婦同姓にするけど夫婦別姓に反対はしない人たち→導入しなくても自民党支持をやめたりしない
夫婦別姓に反対する人たち→導入したら自民党を支持しなくなる

結論:別姓を導入するメリットが自民党にない
なぜ「最優先課題」になれないのか

"真の男女平等のためには、男性が既得権益を手放さなければいけない苦しいもの。さまざまな差別が可視化され、解消されつつある中で、戸籍に『筆頭者』という序列が残されていることは、最後のとりでのような存在なのではないか"
「当時は、姓を戻すことで離婚というプライバシーを開示しなければいけないことが大きな問題でした。」
最優先じゃねぇからだろ嫌なら結婚すんな馬鹿か?
「『これを認めてしまえば、何もかもに男女平等の視点が分け入り、社会の他の部分でも、男性というだけで当たり前に得てきた特権を次々と失うことになるのではないか』という危機感があるように感じます。」

既得権益の打破がスガ首相のスローガンじゃなかったっけ🙄
これも!
オリンピックなんてやめろ

『何もかもに男女平等の視点が分け入り、社会の他の部分でも、男性というだけで当たり前に得てきた特権を次々と失うことになるのではないかという危機感がある』
「真の男女平等のためには、男性が既得権益を手放さなければいけない」

問題の本質はここにあるのでしょうね。でもそのことを明確に自覚しないままジェンダー平等の議論を「なんとなく煙たがる」態度をとる男性が多いと感じます。まずは自覚させないと
答え: 既得権益層の恐怖心
結婚前 の 男女 にしか ほぼ 関係ない からだろ. そいつら は 世代的に 選挙 に いかないし.
選択的夫婦別姓、はよ!
紙不足が古臭い戸籍制度が残った理由とは!いいインタビューでした。しかし二つの氏を押し付けられてるのは在日もなんだよな。なのに特権だとかいわれる。
大多数の人は自分が別姓にしたいとは望んでないからだよ。他人が希望するなら好きにすればいいくらいの意味での賛成でしかない。それで最優先課題になるわけがない。
そりゃ、夫婦別姓は改革の一里塚、ゴールは戸籍制度を廃止して個人単位のIDシステムにしようともくろんでいるからじゃないですか?
井戸まさえ議員・・「『日本人』を縛る戸籍という装置」というタイトルで岩波「世界」に対談記事が出ている人だね。
夫婦同姓の強制は「男女問わず姓を変更することによって不利益が生じる」というシンプルな問題。これを男女不平等という問題にすり替えるこの人,わかってないなと思う。「女性側の姓も選べるので女性差別ではない」という判決理由で敗訴した現実を知らないのかな?
夫婦別姓、反対している人たちは「怖い」から、許せないんだ・・・というの、その通りだと思う。良いインタビューでした。
日本古来の価値観を破壊したい朝日らしい記事だな。
別に妻の姓に統一できるから既に男女平等なんだけど

それとも風習をも特権として扱うのか?
「日本は今もまだ『前近代』だということです。今も『ミニ家父長制』が残る前近代なのだということです」
そんなものが最優先課題になると思ってるなら頭おかしいよ。
当然、貴紙、朝日新聞が推しているからです。
な~~~にが戸籍の筆頭者だ『序列』だ

そんなしょうもないことに拘るアホは生涯結婚なんかせず子どももつくらず、自分の世代で遺伝子を絶やせばいいよ。
5年に一度見直す男女共同参画基本計画の中の選択的夫婦別姓の書きぶりをめぐり、昨年、自民党内の議論が注目されました。旧姓を使い続けることを届け出る案など「一歩前進」とも映る案を提示する議員もいました。
先進国と言われながら社会の中身は「前近代」。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR