TOP > スポーツ > 日本でうごめくロシアスパイ 名刺交換から会食、土産… - 東京オリンピック:朝日新聞デジタル

日本でうごめくロシアスパイ 名刺交換から会食、土産… - 東京オリンピック:朝日新聞デジタル

 東京五輪・パラリンピックを標的としたサイバー攻撃の疑惑が10月、浮上しました。容疑者として英国外務省が名指ししたのが、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)です。ロシアは一貫して関与を否定していますが、...

ツイッターのコメント(22)

実際に陸自東部方面総監泉一成がロシアのスパイの子分になって情報漏洩した事件があったもんな
今でも多磨霊園のゾルゲの墓にはGRU関係者が参拝に訪れ
朝日新聞デジタル
ロシア軍怖すぎ
名刺交換から会食、土産…:朝日新聞
ゾルゲへの情報調達は御社OB尾崎秀実記者
「浮上しました」 そう…
ライバル関係にある軍の組織のGRUと国際諜報を担うSVR、古典的な手法が今でも使われる情報収集や人脈構築…。軍事力とサイバー攻撃・情報戦を組み合わせた「ハイブリッド戦」から守るに民間企業の対策も鍵と。国を超え、そういう安全保障の取り組みがより強化されるのだろうか
“ まずは、匿名を条件に取材に応じた警視庁外事警察OBの話を紹介します。”
現実は、結構毛だらけ荒唐無稽。
〈来年に東京五輪が開催される場合、サイバー攻撃が加速化する可能性があると私は見ています〉

感染症だけでなく広く見渡さないと足下すくわれそう
有料記事で途中までなのが惜しいなあ。身近でもこういう話聞くことがある →
築地でうごめくスパイ新聞のほうがよほどタチ悪い。
😂 「今でも多磨霊園にあるゾルゲの墓にはGRU関係者が参拝に訪れます」
面白い。

和田大樹氏「彼らの狙いは私たちの背後にいる米国であり、日米同盟についての情報です」。

なるほど。欲しいのは日本のというより米国とそれに関連した情報なんですね。。
ロシアは、国家ぐるみのドーピング問題によって、国としては東京五輪に出場できません。対外関係を気にする情報機関としては面白いはずがありません。何とかして開催できないようにしようとしても不思議ではないのです
米大統領選をめぐる世論操作や英国で起きたロシアの元スパイ毒殺未遂事件でも関与が取り沙汰されたロシア軍参謀本部情報総局(GRU)。この組織はどんな活動をしているのか。ベールに包まれた実態について、日本で接点を持つ2人の識者に記者が聞きました。
朝日新聞デジタル
スターリンの亡霊……背筋が凍る。
→コロナは、One of themなんだなぁ〜
東京五輪・パラリンピックを標的としたサイバー攻撃の疑惑が10月、浮上しました。容疑者として英国外務省が名指ししたのが、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)です。
国内で動いたゾルゲが放ったスパイ、尾崎 秀実(朝日新聞社記者)近衛文麿政権・軍部・政界・言論界に重要な地位を占め、開戦を推し進めた人物。これを何故語らないか?
GRU, ゾルゲのお墓参りするんですね…
最近の朝日新聞、少し雰囲気が変わってきてるんだよな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR