TOP > スポーツ > アイス食べた生徒に柔道技、背骨を骨折 教諭を懲戒免職:朝日新聞デジタル

アイス食べた生徒に柔道技、背骨を骨折 教諭を懲戒免職:朝日新聞デジタル

 生徒2人に柔道の技をかけ、背骨を圧迫骨折させるなど重軽傷を負わせたとして、兵庫県教育委員会は24日、同県宝塚市立長尾中学校の教諭で柔道部顧問だった上野宝博(たかひろ)被告(50)=傷害罪で今月2日に...

ツイッターのコメント(31)

やっと このクソ野郎が懲戒免職になった!
擁護出来ないよね。
そんな先生じゃない とかいう意見もあるけど、教師以前に人間としてクズすぎるわ。

今気づいたけど、傷害の容疑者だから実名報道されてるね。
体育系の教師は若い頃に頭ぶつけて狂ったのか!?

:
体罰とかじゃない。
暴力!傷害罪!
こんな異常性格者は、適性検査と採用基準がしっかりしてさえいれば採用時にハネられたんじゃないだろうか。例によって、人権の名の下にコトが起きてしまうまで、また起きてしまっても、何も変わらない◆
この教論、チンピラが教育者騙ってるような存在だったのね。しかも、事態を知っても学校は通報もせずシラきってトンズラ計ってたわけだ。あ〜あ。
文科省・教育委員会ともに「体罰」などという行為そのものが存在しないこと。あるのは立場の弱い生徒を相手にした暴力行為だということを明確にすることが必要。
これ、先生は子どもやな。😂
僕のアイス取ったな!ってアホや!で、懲戒免職😂😂😂

 教諭を懲戒免職(朝日新聞デジタル)
懲戒免職プラス、生徒と同じように骨折して死ぬまで寝技の刑で良い。
いきなり教諭の思いつきで学年全員参加の柔道大会開催したら

級友が一本背負いされた時におもっきし鎖骨骨折して即中止になったな=非柔道部

中学生はまだ赤ん坊側の柔軟さも残ってるしガタイが仕上がってないので格闘技は慎重に


生徒に柔道技、背骨を骨折 教諭を懲戒免職
逮捕では無いんですか?
クビだろ普通、今後、誰こいつに教えてもらうんだよ、いらねーから
再犯暴力教師は当然だろうよ。
当初、ポンコツ教育委員会が擁護するような発言をしていたところが本音なんだろう。
“傷害罪で今月2日に起訴”

そりゃなぁ
まだこんな教諭いるの?
同じようなことをしている人も中にいるのかな?
そのような人が、居たとしたら犯罪者である自覚を持ち自首してください。

教育現場がこんなだから日本は置いてかれるんだ。
こんなん殺人未遂やん.
生徒2人に柔道の技をかけ、背骨を圧迫骨折させるなど重軽傷を負わせたとして、兵庫県教育委員会は24日、同県宝塚市立長尾中学校の教諭で柔道部顧問だった男性(50)=傷害罪で今月2日に起訴=を懲戒免職処分にした。
神戸市教育委員会って、酷い事件がしょっちゅう明かされる。

①どこの教育委員会にもある話しが、たまたま神戸市では明るみに出た。
②神戸市の先生方は、人間が腐る環境で働いている。

どっち?
「1年生の男子部員は足払いや絞め技で失神したのに、起こされて繰り返し技をかけられて重傷を負い、別の1年生の男子部員も寝技などで足などにけがをしたとされる」

殺人未遂。しかも再犯。隠蔽した学校側も共犯。
アイスを食べた罰として生徒に柔道技をかけて重傷を負わせた教師。もちろん体罰はいけない事なんだけど、仮にいじめが発生したら、いじめた生徒に対して同じように怒ってくれるんですかね...
今更?遅いよ💧
当然の報い。大人が加減を知らないのは許されないこと。/
 教諭を懲戒免職:朝日

その場にいたのに止めなかったとして、元副顧問の男性教諭(42)を減給3カ月(10分の1)、指導・監督責任を問い、男性校長(56)も戒告の処分にした。
うやむやにするのかと思ったけど、逮捕起訴で懲戒免職か〜
一罰百戒だよねー
まぁ、生徒を暴力から守るという意味ではやむを得ない措置だわな。ただ、副顧問に対する「止めなかったから減給」はとばっちりが過ぎやしないか?
-

酷えっていうか、一応黒のベルト持つ身としては色々ツッコミが追いつかないんだが…。
こんなものは教育どころか体罰ですらなく、ただの粗暴犯の暴力犯罪です。さっさと刑事罰を与えて投獄してください。
保護者の被害届を受けた県警が10月に上野被告を逮捕した...ってあるから傷害罪で起訴になるのかな?校内で起きたことは治外法権で警察介入ないのかとまで思う事件多かったけど。
ただでさえアホ臭いニュースなのに、
>上野被告は2013年にも体罰で訓告と減給の処分を受けていた。学校側は保護者の指摘で今回の問題を把握したが、県警に通報せず

再犯の上に学校側が隠蔽してる最悪のクソ案件
殺せ。同じやり方で。
なんちゅうかこんなん35年前は日常茶飯事だったし、生徒も相手が有段者だろうが歯向かってやりあったもんだけどなもやしっ子だらけになったのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR