TOP > 科学・学問 > 「ABC予想」論文、来年掲載へ 京大・望月教授が証明:朝日新聞デジタル

「ABC予想」論文、来年掲載へ 京大・望月教授が証明:朝日新聞デジタル

 数学の超難問「ABC予想」を京都大数理解析研究所の望月新一教授が証明したとする論文が来年前半、数理研が発行する国際的な数学誌「PRIMS(ピーリムス)」に掲載されることが決まった。ドイツの出版元が1...

ツイッターのコメント(39)

論文一本で646ページはヤバイ
「一部の数学者は「深刻で修正不能な飛躍がある」との姿勢を崩していない」

まだバトってんのか(・ε・` )
数学の先端分野はなぁ。
査読というか、理解することも困難だろうからなぁ。
ついにか。
3年以上放置されてたのはなんだったんだろうね?
絶対に内容は理解出来ない自信があるが、本は英文のママでいいので買ってみたい。
(朝日新聞系の出版社で代理店するのかな?)

>>
わわわわわー!!!!
ついに!!!!
すごいことになってる。「季刊誌のPRIMSは、5本以上の論文が掲載されるのがふつう。しかし、今回の論文は646ページと長大なため、1冊まるまる使う特集号となる」
その10人は理解できた、と判定できた人は理解できたうちに入ってるのか入ってないのか..難問だ◆
今でこそ「プレートテクトニクス」は定説となっているが、私が高校生の時の「理科1・地学」の教科書では「仮説」とされ、進学した大学の地質学の年配教授も「これは仮説だ」と強調するほどだった。

「望月教授の理論は、現代数学のずっと先を行く革新的な概念だ。正式な出版は非常に重要で、本腰を上げて学ぼうとする数学者が増え、理解が進む可能性がある」ABC予想を追い続けている石倉記者の記事。論文掲載時の記事も今から楽しみ。
数学の超難問「ABC予想」を京都大数理解析研究所の望月新一教授が証明したとする論文が来年前半、
数理研が発行する国際的な数学誌「PRIMS(ピーリムス)」に掲載される
やっと。。。
興味深いね。>
査読が正しいと、誰が判定したのか?
さっぱりわからんけど、こーゆーのって、すっげぇワクワクすんだよなー。
 :
一部の数学者から意義はあるけれど、専門誌に掲載し、理論を広く流布することの意義は大きい。ガロアの理論だって、当時は完全ではなかった。
素人がこういうの見たところで全く解らない、かつ批判も多い、というのは承知の上で、実際に証明されていたらすげえなと思う
646ページの長大な論文か。後年、もっとエレガントな方法で証明されることを期待する。
全然門外漢だけども、こんな無責任に
--・・
PRIMS が上げた後の『フィールズ賞受賞者からの反駁それからの、
カウンター反駁』もmath jinさんが追って居られる‼️
名伯楽達も詰まる所を
>数学者でさえ「どこが分からないのかさえ分からない」と言うほど難解

読んでみたいけど理解できないだろうなぁ・・・
リマインド 「宇宙際タイヒミュラー」

>今回の論文は646ページと長大なため、1冊まるまる使う特集号となる
何だろ。とりあえずスニーカー買った。Amazonで。
検証(査読?)に7年半かかったのヤベぇなと思ったけど,論文が646ページなのもヤベぇな.
比較が難しいけど,社会学系の論文16ページでも通常1年,早くて半年かかる.言語学の論文30ページ2年かかる事はざらにある.646ページの論文を「たった」7年半で…査読者,頑張ったな…
「宇宙際タイヒミュラー理論」

自分はこれの解説サイトを聞いたから、理解できるよ。別の次元で解決手法らしいよ。

自分は福祉の問題を経済で解決しようとしているから。
こういうの憧れる
「今回の論文は646ページと長大なため、1冊まるまる使う特集号となる」→
ABC予想また証明されたの…。
数学者でさえ「どこが分からないのかさえ分からない」と言うほど難解・・・
、来年掲載へ
「論文の理解者は今も世界で10人ほどしかいないとされる。」と言われれば、たとえさっぱりわからないとしても手に入れたいもの
「宇宙際タイヒミュラー理論」

さっぱり分からんし、一生口にすることはないが、かっこいいのでなんとなく覚えてしまった。
宇宙際タイヒミュラー理論。かっけー!!
たまにはわくわくするニュースもないとね。(^^)>
論文は646ページと長大なため、1冊まるまる使う特集号とのこと

論文の理解者の一人は「学ぶ数学者が増え、理解が進む」と期待
イワン・フェセンコ教授は「望月教授の理論は、現代数学のずっと先を行く革新的な概念だ。正式な出版は非常に重要で、本腰を上げて学ぼうとする数学者が増え、理解が進む可能性がある」と話した。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR