TOP > 政治・経済 > 国民、衆院で野党統一会派から離脱へ 独自色を出す狙い:朝日新聞デジタル

国民、衆院で野党統一会派から離脱へ 独自色を出す狙い:朝日新聞デジタル

 国民民主党は23日、衆院で立憲民主党や社民党などと組んでいた野党統一会派から離脱することを決めた。法案の賛否や国会での質疑などで独自色を出し、党勢拡大につなげる狙いがある。立憲や最大の支援団体である...

ツイッターのコメント(36)

民社党を目指すのか?
新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる。
N国レベルの人材が入ってきた。
希望の党立ち上げの際、安保法制や改憲への賛否といった所謂「踏み絵」を使い、九州地区における旧民進党議員の選別を担当したとされる中山成彬。これを新会派に抱合する国民民主党。不信感が募る一方だ。

 独自色を出す狙い(朝日新聞)
大きな塊の行く末がこれ。結局は野党分裂を引き起こしてしまう最悪の事態に。
「離脱後につくる新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる」 /
独自色?じゃないでしょ、自民維新色を出すため。ただ、自民も維新も票はくれません。解党して合流することですね。どちらでもいいですが、フンフンさん、この党首なんて名だったっけ?
連合はそれでもまだ支援するの????
これでいい。
ゴミ溜めと一緒に居るのなら党を別にする必要も無いからな。
神津さんにも話しちゃったのね。😭😭山尾さんも中島みゆきばりに「自らオールを握る」とか言ってたし。少人数の党内でエコーチェンバーになってる可能性も。N国やれいわの後を追わないことを。
石破氏受け入れ準備かもしれないが、労組「連合」分裂の前兆ともいえる。
だからって過度に自民寄りになってもアレだけどなあ…
おいおい 国民民主党が日本維新の会みたいになるのは勘弁してくれよ...
> 連合の神津里季生会長は23日午前、離脱の報告に訪れた玉木氏に思いとどまるよう説得したが、翻意させられなかったという。連合の懸念は国民と立憲との選挙協力に悪影響が出ること。
(´・ω・`)パヨクさんたち「中山成彬」でキェエエエエエッってなりそうやな…

【 】
…離脱後につくる新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる。
独自色を出す狙い:

「連合の神津里季生会長は23日午前、離脱の報告に訪れた玉木氏に思いとどまるよう説得したが、翻意させられなかった...国民への支援方針が揺らぐ可能性もある」

玉木代表、わざわざ支援組織を踏みにじる
与党の引力に吸い寄せられていくのでしょうか…
わかる。わかるで。

>連合の懸念は国民と立憲との選挙協力に悪影響が出ること。
良識ある議員なら枝野君と一緒ではやって行けないだろう。そもそも統一会派とは何事か?都合の良い時だけ一心同体の様な事を言う連中に政治理念等感じられない。我々は共産主義者ではありませんと言う顔をする共産党は信じられない。
中身ない立憲民主党と一緒になったら同類に見られる。
そうそう、この連中の得意技は裏切りだからな。/
 独自色を出す狙い:朝日新聞
「離脱後につくる新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる。」

立憲と組むのは嫌だけど、中山成彬さんとは組めると…。国民民主党の先行きがだいぶ怪しくなってきました。
分かりやすい。極右と一緒に活動。次は、維新と一緒か!さらに自民党へ!
衛星政党が増えた。
維新も国民も野党として報道するべきか?

日本のマスコミは痛烈な質問を投げかけて答えさせなければ報道機関じゃないよね。

離脱後につくる新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる。
どこを目指すのだろう。
なにがしたいのだろう。
新会派に中山成彬氏も合流か……
玉木さん
いまさらですが、独自色なんか求めてませんから
野党共闘の足並みを乱すのはやめてほしいな
朝日★ ホンネが見えて来ましたね。背後に控える電力総連などロクなもんじゃない。神津会長も引導渡せばよい。第二自民党への道へ転がり堕ちる、ってわけ。
維新と合併して与党になるか。
決断遅すぎるんだよ。何で自民党と共闘しないのか。自民党に入らないのかな。それ以外国民民主党に生き残れる道はないよ。
うぇ~、コイツラまとめて地獄に落ちろ。
挙げ句の果てに、自民に合流、てか?
独自色という「無色」。
「離脱後につくる新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる。」
えっ、中山成彬氏?!
うーん。どこに向かうのか…。

〈離脱後につくる新会派には無所属の中山成彬、井上一徳、高井崇志の3氏が加わる〉
真冬でも フンドシ一丁 独自色😂

・・・次の夏には、消えていなくなり😖、人の記憶からも消え🤔
「法案の賛否や国会での質疑などで独自色を出し、党勢拡大につなげる狙いがある」って、次の選挙で、下手すりゃ消滅だろう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR