TOP > 社会 > 地下40m超を掘削機通過…その後に予兆 調布道路陥没:朝日新聞デジタル

地下40m超を掘削機通過…その後に予兆 調布道路陥没:朝日新聞デジタル

 日曜の昼下がり、東京都調布市の住宅街の道路にいきなり大穴が開いた。地下深くではトンネルの掘削工事が進められ、周辺住民は陥没の1カ月前から異変を訴えていた。未然に防ぐことはできなかったのか。 18日正...

ツイッターのコメント(25)

恐らく「MINAMATA Method」が発動するだろうな。これに連なる話は。
だから外環道はヤバイって宇都宮けんじ先生も言ってたじゃない。

これ住宅の下も通るよ。
条例変えたし

都が3兆円出して、都心スルーして近県接続する道だよ。

要るコレ?予算は都民に使おうよ。
「道路が陥没するかもしれないので気をつけてほしい」
 そう注意を促した東日本高速道路の工事関係者。外に出て見ると、道路を横切るように大きなくぼみがあり、ほどなく道路のアスファルトが「音もなく落ちていった」
今回の事故はゼネコン関係者の関心が高いです。理由はこの記事にある通り

首都圏などの公共事業に限り、用地買収しなくても40㍍以深を使える工事は《周辺住民に告知する義務はあるが、同意はいらない。一方で、工事によって具体的な損失が出た場合は補償しなければならない》
異変の情報があった段階で、道路下だけでも調査して、空洞を充填していたら陥没は防げただろう。
ここの検証も必要だが、工事中や予定地域の道路下の調査も優先すべきだろう。
なんでも知ってるつもりで地中深く穴なんか掘ってると
ゴジラが出ますよ。
穴掘っていろいろなことが起きてるのに、
リニア棺桶列車を通すための穴で列島を貫くなんて
言ってるんだから学びがゼロ。
「道路が陥没するかもしれない」
最初に住民に知らせたのは、工事関係者だった!
▼地下40mなんて近過ぎよ
この事象は、すごい事実を示している。トンネル工事の掘削後は、土砂とか水がトンネル内に出ていないとすれば、水路が変わって、土砂を流したことが推測される。ということは、今懸念されている#リニアのトンネル問題も同様の危険があることをしめしていないか?
これでトラフ大地震が来たら、一体どうなるのか? 怖すぎる😩。
日曜の昼下がり、東京都調布市の住宅街の道路にいきなり大穴が開いた。地下深くではトンネルの掘削工事が進められ、周辺住民は陥没の1カ月前から異変を訴えていた。未然に防ぐことはできなかったのか。
- 朝日新聞デジタル
明治時代から続くこの価値観の伝統,守るべき大切なのは何か,いつも変なものが
完璧に損害賠償請求ものだな。これで土地の価格が下がることは間違いない。しかも周辺一帯となると、額が恐ろしいわ。/
 調布道路陥没:朝日新聞
現地そばに水路が通ってて、北側の京王線見ても水路をはさんでかなり幅広に盛土してて、もとは大きな川だったっぽい(入間川?)。
地下の含水量が想定より多くて、掘削で一気に抜けたかと。/
調布道路陥没: コロナ騒ぎで頻繁に登場するようになった「専門家」と称される輩。コロナでは「専門家は、素人とどこが違うのか」の後講釈ばかりだが、深度地下トンネル工事の専門家はこんな大事故を引き起こすから、感染症専門家よりはるかにタチが悪い!!!
リニアの悪影響なんてこれの比じゃねかろう😑
なんでリニアやめれんのかな?→
何があるかわからんねえ。|
土地を購入して「これで私も地主だ」って話、しかしその土地の下の下の方、地下40mより下はその人の所有じゃないんでしたっけ(大深度地下使用法)。なんかイヤだなあ、自分の土地の下が自分の物じゃない、って
周辺住民からのこうした訴えは、陥没の1カ月ほど前からNEXCO東日本に数件寄せられていた。現場付近の地下40~50メートルを掘削機が通過したのは9月14日。
大深度かどうかを除けば、切羽の真上が崩れたのでない(穴が空いた分の土砂はどこへ?)、発生が現場付近の掘削よりだいぶ後、という点でやっぱり相鉄東急直通線の陥没と共通点があると思う。知見は共有されるのだろうか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR