TOP > 政治・経済 > 米連邦政府、67年ぶりに女性の死刑執行へ 救済認めず:朝日新聞デジタル

米連邦政府、67年ぶりに女性の死刑執行へ 救済認めず:朝日新聞デジタル

 米連邦政府が12月、67年ぶりに女性の死刑を執行することになった。司法省が16日、他の死刑囚の執行と合わせて発表した。連邦政府による死刑執行は今年7月、17年ぶりに再開されたが、年末までに9人に執行...

ツイッターのコメント(29)

しかし、メガネ姿の写真とコレで大分イメージ違うな…鼻の形でなんとなく同一人物かな?とはなるけど
そりゃあ、死刑だろ…
女性を殺害した上で、胎児を遺体から取り出して誘拐した。
・モンゴメリー死刑囚
妊婦さんの遺体から胎児を取って誘拐するとは···恐ろしい。この人は子供が産めない体だったのだろうか🤔
選挙かな。
「連邦政府による死刑執行は今年7月、17年ぶりに再開されたが、年末までに9人に執行されることになる。」
女性死刑囚といえど、やった事がエグ過ぎる。
逆に67年死刑にならなかったのね
アメリカ、女性は67年死刑にされてなかったのか、日本より女性の守られが強い?
>2004年12月、インターネット上で知り合ったミズーリ州の妊婦の女性(当時23)の自宅を「子犬の購入」という口実で訪問。女性を殺害した上で、胎児を遺体から取り出して誘拐した。

執行されて当然
さすがアメリカ、死刑制度まで複雑なんだな(⌒-⌒; )
州の死刑と連邦の死刑があるんだ
むむ。この67年前の女性囚人の死刑執行ってあの有名なローゼンバーグ事件の妻だな。
そりゃそうよ
>司法省や米メディアによると、2004年12月、インターネット上で知り合ったミズーリ州の妊婦の女性(当時23)の自宅を「子犬の購入」という口実で訪問。女性を殺害した上で、胎児を遺体から取り出して誘拐した。
日本だと2016年が最後(久留米看護師連続保険金殺人事件)? アメリカは事前に執行する日が報じられるのだなぁ。
救済を求める事自体間違えている。
先進国では死刑はふんだららって
嘘だった
当然。
朝日は何を言いたいのかな?
男だろうと女だろうと凶悪犯には変わりないからね。やったことが酷すぎる。
12月8日に薬剤の投与によって死刑が執行される死刑囚(52)
2004年12月インターネット上で知り合ったミズーリ州の妊婦の女性(当時23)の自宅を「子犬の購入」という口実で訪問

女性を殺害した上で胎児を遺体から取り出して誘拐
胎児は救出され生存
「インターネット上で知り合ったミズーリ州の妊婦の女性(当時23)の自宅を「子犬の購入」という口実で訪問。女性を殺害した上で、胎児を遺体から取り出して誘拐」
欧州の白豚の皆様がまた吠えますねぇ
男女平等ですから。この件をことさらに取り上げること自体おかしい。
法律は粛々と「法の下の平等」の考え方に基づいて執行する。これが正義。「女性だから死刑判決を執行しない」なんて考えは夢にでもあってはならない。
この事件当時ガキンチョしながら見てたが胎児生きてたのか。そしたらもう高校生ぐらいかぁ。

母親が不憫でならないな。
アメリカって死刑する日を先に言うんだ!日本は当日に言われる。どっちが楽なんかね。

> 12月8日にインディアナ州の刑務所で薬剤の投与によって死刑が執行されるのは、リサ・モンゴメリー死刑囚
容疑の内容がすごすぎて、わけがわからない。
死刑制度をめぐっては、全米の計25州が廃止したり、知事権限で止めたりしており、執行件数は99年の98件をピークに減少傾向にある。今年はこれまでに14人が執行され、半数の7人が連邦政府によって執行されている。

 救済認めず:
これは異様な事件だ。殺したのは一人なのね。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR