TOP > 政治・経済 > 高まる女性の反感、トランプ氏懇願「お願いだから…」 - アメリカ大統領選挙2020 [アメリカ大統領選2020]:朝日新聞デジタル

高まる女性の反感、トランプ氏懇願「お願いだから…」 - アメリカ大統領選挙2020 [アメリカ大統領選2020]:朝日新聞デジタル

 9月末のまだ日が高い夕方の帰宅時間帯、米南西部アリゾナ州ケアフリーに住む弁護士のリンダ・ロウルズさん(61)は自宅前の路肩にいすを出した。11月の大統領選に向け、民主党のバイデン前副大統領を応援する...

ツイッターのコメント(48)

"政策という次元ではなく、人間性の問題だ。トランプ氏のせいで、差別主義者がその考えを隠そうともしなくなった"
男って馬鹿なんだな… 「調査では男性の支持はバイデン氏44%、トランプ氏46%と拮抗(きっこう)していたが、女性の支持はバイデン氏55%、トランプ氏37%と大差がついた。」
高まる女性の反感、トランプ氏懇願「お願いだから…」:朝日新聞 「トランプ氏は強い男を気取るのが好きだ。他者をいじめ、名指ししてあげつらうことも多い。そうした態度に抵抗を感じる女性が多い。バイデン氏は他者への共感を強調しており対照的だ」
高まる女性の反感、長年の共和党支持者からも
≪取材に訪れた日の朝、共和党支持者で、保守派の牙城ともいえる全米ライフル協会(NRA)の会員という女性が車から降り、長時間話し込んでいった。女性もトランプ氏への懸念を強め、バイデン氏の支持者を見て安堵していたという≫
米南西部アリゾナ州ケアフリーに住む弁護士のリンダ・ロウルズさん(61)は自宅前の路肩にいすを出した(朝日) 「13歳で政治に関わり始めたというロウルズさん自身、長年の共和党支持者だ。しかし、15年に保守派の会合でトランプ氏の話を聞き、『独裁者のようだ』と危惧を抱い
熱心なバイデン支持者の個人的活動を記事にするのも結構だけど、バイデンの集会で多くの人が集まった光景を見てない。

コロナ感染に注意を払うのは分かるが、本心では、集会開催しても、支持者が集まらないのではと心配してるんじゃないの。
「ここに座っているのは、バイデン氏の支持者に『一人ではない』と伝えるのと、トランプ氏の支持者に『私たちは恐れていない』と伝えるためだ」(路傍でバイデン支持のプラカードを掲げる女性)
”ロウルズさんはこう語る。「ここに座っているのは、バイデン氏の支持者に『一人ではない』と伝えるのと、トランプ氏の支持者に『私たちは恐れていない』と伝えるためだ」”
知り合いが先程こんな記事を失笑しながら見せてきた
「ゴミにさえ劣るイカれた記事よく世間に公表出来たなw」と思ってたらメディアを見て「あっ…(察し)」と納得
相変わらずやん…

高まる女性の反感,トランプ氏懇願「お願いだから…」朝日新聞デジタル
9月末のまだ日が高い夕方の帰宅時間帯、米南西部アリゾナ州ケアフリーに住む弁護士のリンダ・ロウルズさん(61)は自宅前の路肩にいすを出した。
「女性の支持はバイデン氏55%、トランプ氏37%と大差がついた。全米でも同様の傾向が出ている」

前回、ヒラリーはそこまで女性票を獲得できなかった。今回の違いはここか。
《女性の支持はバイデン氏55%、トランプ氏37%と大差!高まる女性の反感!〜朝日新聞」
朝日はもう完全にバイデン支持ですね。
ということは〜w
世界の恥。非国民。人類の敵。地球のゴミ。🐷

[アメリカ大統領選2020]
“男性の支持はバイデン氏47%、トランプ氏49%”

男性だけでみると、最新の世論調査でもトランプ氏がリードしていることがこの記事で最大の驚き。日本もですが、アメリカのジェンダー問題もまだまだ根が深いようです
バイデンが幼い女の子の髪の匂い嗅いだり胸を触ってるキモイ動画すらあるのにバイデン推せるのが信じられないんだけどな。小児性愛を多目に見てでもトランプ憎しが勝つの?
「政策という次元ではなく、人間性の問題だ。」なぜこの国では橋下徹氏や安倍晋三氏や、陰険な菅義偉氏の、人間性が問題とされないのでしょうか
『差別主義者がその考えを隠そうともしなくなった』というコメントの重さ。日本も同様。いや、それ以上の深刻さかも。
……「政策という次元ではなく、人間性の問題だ。トランプ氏のせいで、差別主義者がその考えを隠そうともしなくなった」と……
とってもおもしろい記事です。データも満載です、ぜひどうぞ~
この選挙戦にはバイデンという存在は何処にもいない。選挙の構図はただただひたすら「トランプvsアメリカ」。ここでトランプが再選されればもはや自由主義の理念の国家である米国そのものが崩壊する。バイデンなんか糞くらえと思っていてもバイデンを支持する以外に道がない。
アメリカでも情弱は、多数存在する。
> 調査では男性の支持はバイデン氏44%、トランプ氏46%と拮抗(きっこう)していたが、女性の支持はバイデン氏55%、トランプ氏37%と大差がついた
日本のメディアは、アメリカの民主党から資金が出て居るのでしょうか🤣
毎日、毎日、反トランプの記事。
特に朝日新聞とか凄いですね。アメリカではなくチャイナの工作機関でした。
アリゾナ州に取材に行ってきました。背の高いサボテンが印象的な街でした。→
「バイデン氏が勝つとすれば、最後の決め手は女性だったということになる」
性別関係なく人としてダメな上に、この手のオジサンに苦しめられてる女性は多いからね。嫌悪感あると思う。

記事:「トランプ氏は強い男を気取るのが好きだ。他者をいじめ、名指ししてあげつらうことも多い。そうした態度に抵抗を感じる女性が多い。
「政策という次元ではなく、人間性の問題だ。トランプ氏のせいで、差別主義者がその考えを隠そうともしなくなった」とロウルズさんは憤る。:朝日新聞デジタル
「トランプのせいで、差別主義者がその考えを隠そうともしなくなった」

アリゾナ州ケアフリー 弁護士リンダ(61)
「バイデン票を1票でも増やせれば、やる意味がある」

人口4千人弱のケアフリー 2016年はトランプ得票率が62・54%で、ヒラリーに約30ポイント差

.
「人間性の問題。トランプ氏のせいで差別主義者が考えを隠そうともしなくなった」「ここに座っているのはトランプ支持者に『私たちは恐れていない』と伝えるため」
「ここに座っているのは、バイデン氏の支持者に『一人ではない』と伝えるのと、トランプ氏の支持者に『私たちは恐れていない』と伝えるためだ」
9月末のまだ日が高い夕方の帰宅時間帯、米南西部アリゾナ州ケアフリーに住む弁護士のリンダ・ロウルズさん(61)は自宅前の路肩にいすを出した。11月の大統領選に向け、民主党のバイデン前副大統領を応援するプラカードを夫とともに掲げるためだ。
“「政策という次元ではなく、人間性の問題だ。トランプ氏のせいで、差別主義者がその考えを隠そうともしなくなった」とロウルズさんは憤る”

“アリゾナ州で男性の支持はバイデン氏44%、トランプ氏46%。女性の支持はバイデン氏55%、トランプ氏37%と大差。全米でも同様の傾向”
>13歳で政治に関わり始めたというロウルズさん自身、長年の共和党支持者だ。しかし、15年に保守派の会合でトランプ氏の話を聞き、「独裁者のようだ」と危惧を抱いた。
"取材に訪れた日の朝、共和党支持者で、保守派の牙城(がじょう)ともいえる全米ライフル協会(NRA)の会員という女性が車から降り、長時間話し込んでいった。女性もトランプ氏への懸念を強め、バイデン氏の支持者を見て安堵(あんど)していたという。"
日本は米国より危機的。なぜなら、あからさまではないけど、本質はトラプよりひどいから。
ここにもジェンダー不平等が明確にあるのかもしれない。
米国は大統領候補者に反感を持つ国民は直接態度を示せるけど、日本の総理大臣に反感を持つ国民は反対のプラカード持っただけで逆らったと、逆恨みされ警察に追い回されるよね!
スザンヌ・ハグさんを日系米国人4世となぜ呼称するのか。もしかしたら五世、六世など永遠に続くのかも。
「政策という次元ではなく、人間性の問題だ。差別主義者が、その考えを隠そうともしなくなった」

ロウルズさんはこう語る。「ここに座っているのは、バイデン氏の支持者に『一人ではない』と伝えるのと、トランプ氏の支持者に『私たちは恐れていない』と伝えるためだ」(ケアフリー=鵜飼啓)
バイデンも高齢すぎるが、自己中である欺瞞に満ちたトランプよりマシか!
ハンター・バイデンの贈賄発覚後、この人達はどう変わったのか知りたい。応援していた分、怒りが増すのでは?
"あからさまに敵意を示す人の多くは、ピックアップトラックに乗った男性だという。"
朝日新聞デジタル: 高まる女性層の反トランプ感情、保守の牙城が激戦州に.
まぁどっちでもいいけどな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR