菅政権肝いり会議 首相ブレーンと中小企業の代表に火花 [菅政権発足]:朝日新聞デジタル

 菅政権が新たに立ち上げた「成長戦略会議」(議長=加藤勝信官房長官)の初会合が16日あり、中小企業政策をめぐり、菅氏のブレーンである企業経営者と中小企業の代表が対立する一幕があった。菅首相は中小企業の...

ツイッターのコメント(31)

・アトキンソン
アトキンソン(菅ブレーン)
「生産性の低い企業は退出させなければならない」

無能の菅はアトキンソンや杉田官房の言いなり
「国民の命と暮らしを守る」と言う中身は大手の大企業のみを支援し続ける安倍、菅政権の大嘘
デービッド・アトキンソン氏
著書で

「生産性の低い企業は『退出』させなければならない」などとし、中小企業の統廃合を訴えている

この意見を取り入れるから中小企業崩壊する

頑張れ日本商工会議所!

[菅政権発足
アトキンソン氏は著書の中で「日本の生産性悪化の一番の原因が中小企業」「生産性の低い企業は『退出』させなければならない」などとし、中小企業の統廃合を訴えている。この日の会議にも、「廃業等を防ぐM&A(企業合併・買収)促進」と記した図を資料として提出した
首相ブレーンと中小企業の代表に火花:朝日新聞デジタル この人物、過去をたどれば確実に米情報機関とつながりがあるはず。もちろん隠してるだろうが。
菅政権では強い者勝ちやから、中小企業は減るな🤔今のままGoToなんたらばっかしやったら、弱いとこは関係ないもんね。。
基本的には菅内閣支持ではあるが、この中小企業再編は最大の悪手となる危険性が高い。>
コロナ対策で本音が出ていたが、菅と政府は「弱い」中小企業をバッサリ切り捨てるわけだ。

”「生産性の低い企業は『退出』させなければならない」などとし、中小企業の統廃合を訴えている。”
中小企業を50%淘汰。そう主張するデービッド・アトキンソン氏。その彼をブレーンとした菅首相。「成長戦略会議」とは、まさしく字のごとく、大企業「成長」のための政策立案部署だ。

菅氏の「自助、共助、公助」とは、中小企業は切り捨てるが、後はよろしく!ということだ。
三村日本商工会議所会頭には、デービッド・アトキンソン氏の暴論を止めて欲しい。

 首相ブレーンと中小企業の代表に火花:朝日新聞デジタル
中小企業を潰せと叫ぶ馬鹿と消費税を上げて中小企業を
苦しめるクズの戦い。
 
PR
PR