TOP > 政治・経済 > 忖度は科学者にも広がるのか 軍事研究拒んだ池内了さん [日本学術会議]:朝日新聞デジタル

忖度は科学者にも広がるのか 軍事研究拒んだ池内了さん [日本学術会議]:朝日新聞デジタル

 日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題。なぜ、何のために政権は学術会議の人事に介入することにしたのでしょうか。学術会議と政府の対立の発端にもなったといわれるのが、2017年に防衛装...

ツイッターのコメント(15)

日本学術会議の会員候補6人を任命しない理由を、政府が明かさないのは、大変巧妙なやり方です。「胸に手を当て考えてみなさい。理由は、ちまたで言われているとおり」。当事者たちに、そんな暗黙のメッセージ
そりゃ政府を快く思っていない人が血税を頼ろうとするのが間違っている。日本政府は国民からの信託を得ているからね。学者は違う。
科学者って視野狭い?国税で金でなくても任命してもらいたいの?だったら任命されなかったことに怒る気持ちは判る。でも違うでしょ。結局¥。任命されなくても研究出来るでしょ。
《理由を明かせば、思想や学問の自由への露骨な弾圧となり、憲法問題として批判が巻き起こるのは必至です。だから手続き論に終始し、「違法ではない」と繰り返すのでしょう》
軍事研究について頭おかしいことしか言わない池内了に取材しても為になることは聞けんよ
個人が拒むのは全くの自由だ。
問題は学術会議が我が国の軍事的安全保障そのものを否定し、大学等がその研究に関わるのを一律に否定したこと。
懸念については適切なガイドラインを設定して実施すべきことではないか。
菅さん本人は説明せずファンネルに標的を叩かせる方法について。

「胸に手を当て考えてみなさい。理由は、ちまたで言われているとおり」
[日本学術会議]:朝日新聞デジタル
「フランケンシュタインの誘惑」の毒ガス開発を取り上げた回で、池内さんがご自身の考えを述べられていた。軍事研究と研究倫理の関係って難しいなと思ったよ。
当時、大西会長が防衛省委託反対声明議決に反対しているにもかかわらず、このような政治声明を強引に押し通すこの会議組織って一体?大西元会長にこの件で、この組織のあり方をきちんと聞く記者はいないのか?
中共に、忖度どころではなく尻尾を振っている、オバカ学者。
こんな人の意見を採り上げるなんて、さすが、赤旗:朝日新聞。
おまエラが「忖度」を語るな!
→「日本学術会議の会員候補6人を任命しない理由を、政府が明かさないのは、大変巧妙なやり方です。『胸に手を当て考えてみなさい。理由は、ちまたで言われているとおり』。当事者たちに、そんな暗黙のメッセージを送っているのです」
日本学術会議の会員候補6人を任命しない理由を、政府が明かさないのは、大変巧妙なやり方です。「胸に手を当て考えてみなさい。理由は、ちまたで言われているとおり」。当事者たちにメッセージを送っているのです。
専門性の見地から確信をもって言うのだけれども、こういう主張の人は今後の日本の安全保障を大きく阻害するので、「国家の敵」「国民の敵」と言ってよいと思います。
いま、もっとお話を聞きたい先生のひとり:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR