TOP > 社会 > ペストは宗教改革の引き金に コロナは人類に何もたらす [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ペストは宗教改革の引き金に コロナは人類に何もたらす [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

■死者、世界で100万人超に 昨年末に突如、中国で出現したとされる新型コロナウイルスは、その後あっという間に世界をのみこみ、初の死者の報告から9カ月弱で100万人以上の命を奪った。21世紀になって新た...

ツイッターのコメント(25)

「ローマ教皇が祈り、神父が治療してもペストが治まらず人々の信頼をなくしたことが、その後の宗教改革につながった。奴隷的な身分だった農奴の人口が激減したことで、荘園主が雇う賃金労働制への移行も起きた」。
コロナはデジタル改革の引き金かな?
大きな時代の変化が近い。ペストが宗教改革・資本主義を生んだの中世の1世紀分の変化が、コロナ禍の現代社会では数年で起きる。リモートワーク・製造業の自動ロボット化→失業増・ベーシックインカム?自国優先主義の政治→諸国間の摩擦・混乱の増大から新しい秩序の形成?
忖度やフェイクを根絶する「政治改革」に繋がってほしいが。
「ローマ教皇が祈り、神父が治療してもペストが治まらず人々の信頼をなくしたことが、その後の宗教改革につながった…」
〈元国立感染症研究所室長で「人類と感染症の歴史」の著書がある加藤茂孝氏は「中世の欧州ではペストがきっかけで、近世へと向かう変化が起きた」と指摘する。〉
[新型コロナウイルス]

「手を握る。やさしい口づけや温かい抱擁をする。『愛している』とささやく。それさえできずに、どうやって別れを告げられるのか」
…?
コロナは人類に何もたらす:朝日新聞 〈ローマ教皇が祈り、神父が治療してもペストが治まらず人々の信頼をなくしたことが、その後の宗教改革につながった。奴隷的な身分だった農奴の人口が激減したことで、荘園主が雇う賃金労働制への移行も〉
人類と感染症の戦いの歴史に1ページを刻んだ新型コロナ。自国優先で緊張が高まっていく未来か、国際協調で乗り越えていく未来か。私たちは岐路に立たされています
「銃、病原菌、鉄」想起。
新大陸等の西洋人による征服のプロセスでは、戦争などで直接殺した人数より持ち込んだ疫病で死んだ人数の方が圧倒的に多かった。
「人類の歴史は感染症との戦いだった。戦争や自然災害に並び、現在まで感染症で大勢の死者が出続けている」

「 コロナは人類に何もたらす」(朝日新聞デジタル)
スターリン、毛沢東、ポルポトの虐殺も記載希望!
戦争による死者は載せるのに何故?
:ワクチン研究が進むのは確かに言える。多くのウイルスをカバーできるスーパーワクチンが誕生するかも。
「ペストは宗教改革の引き金に、コロナは人類に何もたらすか」朝日新聞
“加藤氏は「中世に起きた1世紀分の変化が、コロナ禍の中では数年で起きるかもしれない」とみる”
政権交代に!
現代人がすがるのはワクチンというフェイクサイエンスよね
生活様式はすでに大きく変わりましたけど、今後どんな変化があるんでしょうね。
オンライン化はどんどん進んでいきそうです。
人類は存続の危機に陥るたびに新たな時代へと変化してきた。
コロナは我々人類を何処へ舵取りさせるのか?興味は深まります。
「 コロナは人類に何もたらす:朝日新聞デジタル」
中国共産党の滅亡をもたらすんじゃね
注目‼️😵😢☺️

人口も少なく移動手段も限られていたペストの時代に比べ現在は人物情報があっという間に世界を駆け回る。加藤氏は「中世に起きた1世紀分の変化がコロナ禍の中では数年で起きるかもしれない」とみる。「リモートワークが急速に広がり製造業は自動ロボット化が
朝日新聞: コロナは人類に何もたらす:
まだまだ需要はありそうで何より。
そんなこと言ってないで、
初動対応を隠蔽してコロナを世界中に拡散した中国に
責任の取らせ方を考えろよ。
コロナは人類に何もたらす...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR