TOP > 社会 > 核のごみで揺れる町 高まる不満、町長は意欲変わらず:朝日新聞デジタル

核のごみで揺れる町 高まる不満、町長は意欲変わらず:朝日新聞デジタル

 「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場を巡り、国の選定プロセスへの応募に前向きな町長と反対派住民が対立している北海道寿都(すっつ)町で29日、国の担当者が初めて出席した説明会が...

ツイッターのコメント(6)

町長は時間かけても溝は埋まらないって話てたけど、溝はお互いが埋めていくもので反対派だけが譲歩するものでは無いんだけどなぁ。町長としては結論ありきのような気がする。
 高まる不満、町長は意欲変わらず:朝日新聞デジタル
《「核のごみ」の最終処分場を巡り、北海道寿都町で29日、国の担当者が初めて出席した説明会があった。片岡春雄町長は終了後、報道陣の取材に、町議会全員協議会が開かれる10月8日に応募の判断をするか問われ「希望としたらそういう流れになってほしい」と意欲を示した。》
最低限、争点にして町長選やるべきでは。
朝日新聞デジタル速報全ジャンルの最新ニュースです。
朝日新聞デジタル速報ニュース
333333333333333333333333333333333333333333  高まる不満、町長は意欲変わらず
高まる不満、町長は意欲変わらず
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR