TOP > 社会 > 在宅勤務、32都府県が「出張扱い」 5県は手当も支給:朝日新聞デジタル

在宅勤務、32都府県が「出張扱い」 5県は手当も支給:朝日新聞デジタル

 新型コロナウイルスへの感染防止などのために在宅勤務をしている職員に、出張関連費を出すか否か。自治体の対応が割れている。朝日新聞が47都道府県に尋ねたところ、在宅勤務を「出張」扱いにしているのは32都...

ツイッターのコメント(53)

→コロナで失職している人も少なくないのに、役所の「出張扱い」は自分勝手が過ぎる!即刻返済せよ!
民間企業も名目はどうあれ通勤手当の代わりに在宅勤務のための手当出してるし。
現行制度で苦心した結果なんだろう。300円/日なら費用的には妥当かも?ただ宿泊費と云うのはな・・・
呆れるわ、特に記事内で紹介されてる千葉。県民なら怒りに震えるとこだ。
法的取り扱いはともかく在宅勤務が出張扱いになるってどういうことなのだろう…🤔

通信手当の支給はわかりますが…

メモ:
規定を時代に合わせていけばよい。出張扱いを無理に正当化することは、かえって矛盾が広がってしまうのでは。
手当をゼロにしようとは言わない。「マニュアルや法の整備、場合によってはシステム改修等が間に合わずに出張扱いという事にしているだけで、今後見直す計画があるって」説明が淡々とできれば、ここまで言われないと思うのだが。
名古屋だけではなかった。/
在宅勤務とは関係ないけど、出張時宿泊の場合、定額1万3100円支給というのは、税金の使い方として適正と言えるのかな(ビジネスホテル相場の平均値なのか?)。
コロナ災害の中、民間と公務員、行政側との収入の格差がすごい
最低限でいい。
テレワーク手当は出してほしい。
おかしくないですかねぇ?
何でも手当っていいですね。
島根県での在宅勤務の手当は、200-300円/日らしい。“手当も支給”などとわざわざタイトルにするほどでもない。 /
通勤手当とかどうなってるのだろう。
自宅だからかかる経費(PCの料金、電気代、紙代など)はわかるし、ルールの適用じゃ文句もないが、バラバラなのは疑問。
はい出たまだ定額やってるんかいw激安ホテル泊まって差額せしめる人多そうw→宿泊の場合は定額1万3100円を渡している

勤務、32都府県が「出張扱い」
役所はどこも在宅勤務なんて想定していなかったわけで…制度面の手当てをするのを待っていられない。「創意工夫」やろね。これ、”役所から職員の自宅まで往復旅費が出てます”ならNGだけど。>
現行制度の中で苦心して捻り出した感じが伝わる。
金額的にも妥当だし、きちんとした説明さえあれば納得できるんじゃないだろうか。

並行して制度は変えればいい。 /
これは素晴らしい!
僕も出張手当て欲しい!🙄🐮
在宅勤務は出張。
すごい考え方ですね。ある意味、これは勉強になりました。雇用するとはこういうことなのですね。でも、出張ではないと思うので整備が必要だと思います。 /
どこまでもセコイ公務員😔
平日、有給消化
休日、出勤 定年間際で1日5万
おいしい公務員の常識
代休導入しろや😡
確かに在宅勤務になってから冷房つけっぱで電気代かかったなあ。

出張扱いというと禍根が生まれるので、純粋に在宅勤務手当とかにすれば市民も納得すると思うけど。 /
へー…まあ通信費とか光熱費とかね。羨ましいけど。
在宅で通信費がかかるから手当を払っているということは、逆に通勤してない分の通勤手当は払ってないんだよね?
こんなの内規で決まってた事なんだし、しっかり払いなさいよ。払って当然。
払わないとか言い出す自治体があるとしたら、ブラック企業相当やん。
在宅するにも電気代やらインフラに金かかってんだぞ。
新型コロナウイルスへの感染防止などのために在宅勤務をしている職員に、出張関連費を出すか否か。自治体の対応が割れている。
在宅勤務で雇用する側は通勤手当の費用などが浮くが、他方で通信費などは支払う必要がある。制度がないので代わりに「出張扱い」で代替しているのだろうが、本来の趣旨とはズレるので、やはり「在宅勤務時の通信費補助」という制度を作るべきだろう。
出張費いらないでしょ。
通信費も、普段からプライベートで繋いでるのが普通だし。
私も在宅勤務でPCの使用量が莫大に増え、壊れてしまったので、定額給付は新規PCで消えた。何か手当はあってほしい。
大阪本社発行紙面では、見出しで「岡山、島根など5県 数百円の手当支給」としています。
現在あるもので
誤魔化そうとしないで
新たに作れば良い話

「自宅でパソコンを使う際の
通信費のほか始業終業時などに
職場と連絡をとるための電話代が
かかる」なら

その名目の手当てを
作りましょうよ
宿泊固定費13100円のほうが驚きだわ(笑)
実費じゃなくても税法上いいの?

 5県は手当も支給(朝日新聞デジタル)
自宅へ「出張」扱いか。本来なら作業場所確保の為の自宅の改造費や通信費・消耗品費を会社が支給すべきなんだが。応急策としてはアイデアかも。
通勤手当の代わりの在宅手当の位置づけなら理解はできるけど税法的にどうなるんかな。通勤手当とかは非課税枠あるけど。
「電話」は健在だなぁ/
コロナによる「在宅勤務」を「出張」扱いにしている都道府県が、島根、山口、岡山など5県ありました。県の条例に「在宅勤務」がないためです。
働き方を変えるというのであれば、制度の確立と社外労働環境への投資は必然。何の支援もなく一方的に労働条件を切り下げておいて、すべて労働者負担というのが通るわけがない。
在宅手当1日300円なら光熱費だの(さらに電話代まで)負担させるなら別に妥当じゃないかと思うけど・・・
ワロタ
>職員の服務を定めた県条例に「在宅勤務」はなく、「出勤」「出張」「休暇」のいずれかだ。
この書き方だといつもの公務員たたきにもっていってせっかく根付こうとしている在宅勤務の芽を摘もうとしているようにみえるわけだが。 /
変化の時だなあ。
そうか。区分がないからかというのも分かるし、自宅で職場環境維持する用途でと考えると結局同じことか。
「県は300円の支給について「自宅でパソコンを使う際の通信費のほか、始業終業時などに職場と連絡をとるための電話代がかかる」と説明する」まあ、300円くらいは出してくれないとねえ。|
見出しに公務員バッシングの要素があり良くない。
在宅勤務で費用がかえってかかる実態があるなら手当支給も仕方ないかもしれないが、扱いが「出張」というのは明らかにおかしい。
公務員天国、こういう規則は都合よく解釈
これだから維新への支持は終わらないのさ。
私の在宅勤務は休業。今日も休業日だけど、家で仕事しないと間に合わない。そろそろ起きなきゃ。私と同じような人、結構いる気がする
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR