TOP > スポーツ > 「普通の生活がしたい」 届かなかった悩み、生んだ悲劇 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

「普通の生活がしたい」 届かなかった悩み、生んだ悲劇 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル

 「背は一番でかいのに、プレーは一番下手だな」 「そんなんだから幼稚園児だ」 岩手県立高3年の男子バレーボール部員が2018年に自死した。部の男性顧問の言動がこの部員を追い込んだとして、遺族は詳しい調...

ツイッターのコメント(34)

≪顧問の叱責や暴言が自死につながる絶望感を強める一因だと結論づけた。「指導としての域を超え、教員としての裁量を逸脱した」とも指摘。文科省や日本スポーツ協会などが言葉を含めた暴力を防ぐために設けたガイドラインの内容を、顧問が理解していないことにも言及≫
県立高校でこんなことすんのか。
スポーツ推薦を考える連載の第1回。進路を握る指導者による言葉の圧力。
学校や職場でいじめを受けているのであれば離脱することだね。
離脱した後どうするんだということが論点になるわけだが、苦悩の末に自死を選ぶぐらいなら離脱すれば良い。
無視されたり暴言を浴びせられてまで集団に残る必要はない。
自分が生きやすい居場所を探すんだ。
#スポーツ推薦 を考える企画を始めました。制度の功罪を追っていきます。生徒の希望よりも指導者の意向が優先されるケースもあります。
届かなかった悩み生んだ悲劇 - スポーツ推薦を考える(第1回):朝日新聞

成功例だけ見れば効果的とも思うのだろうけど、心的発破もかけどころを間違えると大事故になる。岩盤質な生徒、地盤弱な生徒。ソレを見極められない現場監督(顧問)は多い。
子供を食い物にするスポーツ庁
ホント運動なんて出来なくてよかったよね。殺されることはなかったからね。
岩手県で自死した高校バレー部員に関する第三者委員会の報告書を読み、胸が詰まりました。報告書の中にはスポーツ推薦での大学進学を巡って苦しんでいた様子も記されていました。同僚と一緒にスポーツ推薦を考えました。
◇ - 朝日新聞デジタル

≫ 調査報告書で、そうした顧問の叱責(しっせき)や暴言が自死につながる絶望感を強める一因だと結論づけた。「指導としての域を超え、教員としての裁量を逸脱した」とも指摘
言葉は励みにもなるが時として心を斬り裂く刃にもなる。言葉で苦しんだ私自身の経験からスポーツメンタルコーチを立ち上げました。この世から言葉で苦しむ子供達を1人でも多く救いたい…それだけ。
「自分は背が高いだけで運動神経は良くない」

その選手はバレーボールで推薦入学の話が進んでいる中、こうも感じていました。

選手の苦悩からスポーツ推薦を考えます。本日は連載の1回目です。
これがあるからセンター試験受けたんだわ。スポーツ推薦で入ったらマジで自由がない。高校、大学まずは勉強。
はっきり言って基本的な学力が無い選手はスポーツでも大成は無理。たまたま稼げても金の使い方が悲惨。
岩手県で公立中学から始まる部活全員加入制で片足を突っ込まされ、大会成績という実績と競技継続という条件で合格してしまう公立高校推薦入試で高校生活はバレー漬けになり、指導者もまた同じ道を歩んだ先達で…絶対、何かがオカシイ
岩手県立高校のバレー部員の自死について、第三者委員会の調査報告書が指摘したのは言葉の暴力だけではありません。

スポーツ推薦のあり方についても問いかける内容でした。
ありがたいことに
娘は新体操、息子はバスケで
何校か推薦のお話を頂いたけど
本人が自分で色々考え、結局
自分の好きな行きたい学校に
進学した。

こういうのを聞くと胸が痛い…
部活動で磨かれたバレーの専門性だけしか見てもらえなかったのか…。
教育が子どもの人生を左右するとはいえ、このような結果を生んでしまうとは。
友人には打ち明けていただけに、その無念はどれほどだっただろう。
2年前、バレー部員だった高校生が自死しました。報告書によると、やっていける自信がない大学へのスポーツ推薦の話が大学と顧問の間で進んでいたそうです。仲間に漏らしていた悩みが、顧問には届きませんでした。
中学時代、バレー部だった。中学→高校の推薦でも近い状況があると思う。
《多くの大学が採用するスポーツ推薦のあり方を問いかける内容でもある》
部活からの「逃げ場」を奪いかねないスポーツ推薦について考える連載が始まりました。体格に恵まれていたがゆえに追い詰められてしまった男子生徒の悲劇に心が痛みます
強豪校の有力選手だけでなく町の道場の生徒や少年チームの選手でさえ、道場主やコーチの口利きでスポーツ推薦枠で進学できる実態があります。少子化の生徒集めにスポーツが流用されているような…。
スポーツ指導者になるのに人権とかハラスメントに関する見識は必要とされていないんでしょうか →
「スポーツ推薦制度の犠牲になった側面も痛ましい。生徒の個性や能力を多面的に評価するのが制度本来の趣旨。高校の顧問や大学が子どもを食い物にして、子ども自身が望まない結果を生み出すのは本末転倒だ」

届かなかった悩み、生んだ悲劇:
岩手県立高3年の男子バレーボール部員が2018年に自死した。部の男性顧問の言動がこの部員を追い込んだとして、遺族は詳しい調査を求めていた。
おそらく顧問教師は善意のつもりだっただろう。素晴らしい進路を提供してあげたと。
それが所謂“体育会系”に見られる、思い上がった価値観の押し付けになっていることに気付いていない。
「強い指導力」は、時として「暴力」にもなる。
特に学校体育の指導者は留意すべきだ。
「軍隊」かよ。
この延長上にコロナ対策を後回しにした「東京五輪」があるんやな。
スポーツ推薦による進学先が、本人の希望が反映されないまま、高校の指導者が持つルートや大学の都合に左右される実情があります。そんな中で起こった悲劇です。
「私は…」「僕は…」という発言をとにかく大人は聞かないと…ましてや、うまく話せる練習すらどうだか…。自分も中高校の時はすごい狭く感じていたから、結果的に見れば誰かなんでも、まずは聞いて
部活適当にやってれば幸せに暮らせたのにね。何者かになることが死ぬほどに重要かね?
この夏、ある高校のバレー部員が自死した問題に関する報告書が公表されました。指導者の叱責や暴言が部員の絶望感を強めたと結論づけられるとともに、スポーツ推薦制度のあり方を問いかける内容も記されていました。
なぜ、自死に追い込まれる選手が相次ぐのか。
日本スポーツ界の大きな課題です
ある高校のバレー部員が自死した問題に関する報告書がこの夏に公表されました。そこには、指導者の叱責や暴言とともに、スポーツ推薦制度のあり方を問いかける内容も記されていました。
届かなかった悩み、生んだ悲劇...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR