TOP > 政治・経済 > 唾液でコロナ・インフルを同時検査 秘密は金の微少粒子 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

唾液でコロナ・インフルを同時検査 秘密は金の微少粒子 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 唾液(だえき)からインフルエンザウイルスと新型コロナウイルスへの感染を同時に判定できる世界初のキットと装置を、医療機器の生産を手がける大手機械メーカー「渋谷工業」(金沢市)と、鹿児島大学発のベンチャ...

ツイッターのコメント(11)

唾液からインフルエンザウイルスと新型コロナウイルスへの感染を同時に判定できる世界初のキット装置ができそうです。金沢市の大手機械メーカーと鹿児島大学発のベンチャー企業が、今冬中の医療機関などへの販売を目指して共同開発します。
この材料でゴールドが上がるとは思わないが、希望が持てる記事ですね。
「医療機器の生産を手がける大手機械メーカー「渋谷工業」(金沢市)と、鹿児島大学発のベンチャー企業「スディックスバイオテック」が、共同開発すると発表した。」
石川県新型コロナウイルス感染症 COVID-19

「糖鎖固定化磁性金ナノ粒子(SMGNP)」
検査代が高そう💦
実現すればきわめて画期的な検査装置になりそう。この秋冬の医療機関の負担は大変なことになりそうなので、ぜひ実用化してほしいものです
澁谷工業が開発した機器。
記事の澁谷工業が渋谷工業になってる。
誤字だから朝日新聞さん訂正して下さい。
#澁谷工業
#朝日新聞

[新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
韓国ではもうあるらしい。早く実用化してほしい
朝日新聞
(9/10 13:34)
唾液でコロナ・インフル同時検査 秘密は金の粒子:朝日新聞デジタル
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR