TOP > 国際 > 民主派の本丸摘発が始まった香港 「報道の自由死んだ」:朝日新聞デジタル

民主派の本丸摘発が始まった香港 「報道の自由死んだ」:朝日新聞デジタル

 民主派の「大物」として知られる香港紙の創業者が10日、香港国家安全維持法違反容疑で逮捕された。同法は中国に批判的なメディアや民主活動家の動きを封じ込めるのが狙いとされている。当局が法施行から1カ月余…...

ツイッターのコメント(48)

朝日新聞さんには自由な報道を守るため頑張ってほしいと思います。/
日本は
捏造記事を書いても
逮捕者が出る訳でもないし、
自由過ぎるくらい
報道の自由があります。
欧州連合(EU)は10日、報道官名で声明を出し、「香港国家安全維持法が、表現の自由やメディアの自由を窒息させるために使われているとの懸念を、いっそう強めるものだ」と批判した。
次は日本が…と思ったけどもう死んでた。
これ、踏み込んでいる警察の人たちも、同胞の香港の人たちだよね。どんな気持ちで踏み込んでいるんだろう。この警察の家族は、どんな気持ちでいるんだろう。
日本もこの状況に片足突っ込んでる状況で、他人事には思えない。リンゴ日報の廃刊だけは何がなんでも回避・阻止しないとダメ。
ついに民主派報道機関のトップ、黎智英(ジミー・ライ)氏が逮捕。香港民主派の「大物」と民主活動家・周庭さんが10日、国家安全維持法違反の疑いで逮捕された。同法は中国に批判的なメディアなどの動きを封じるのが狙いとされ、戦前日本の治安維持法による弾圧と似ている。
形は違うが日本はとっくに報道の自由なんてものは死んでいる。
香港民主派の「大物」として知られる地元紙創業者と著名な民主活動家が10日、国家安全維持法違反の疑いで逮捕された。
報道するのはいいんだが、こういう記事を有料会員にしか読ませないメディアの神経がわからん。こんな姿勢では金のために民主主義を売りかねない。
朝日までも中国の弾圧ぶりを報道しだしたってことはここが転換点な気がする
ここまでやるとは。他人事ではいられません。#香港
中共の蛮行を記憶に刻むべし。
自由と民主主義を、愛する香港の人々を一人でも多く助けるべし。
今朝、周庭氏逮捕のニュースを見て、小学生の子が「日本の治安維持法と同じだね」と言った。日本が再びそうならないように、しっかり注目しておいてほしい。
今の中国を批判しながら、戦前の日本を称揚する人たちの気が知れない。反体制運動家を検挙して、マスコミを弾圧し、世論を統制しようとする。まさに戦前の日本の姿ではないか。
「報道の自由死んだ」。日本を絶対にこんなふうにしちゃいけない
「香港が中国に返還されて以降、中国企業が香港メディアを買収する動きが加速し、メディア界には反中的な記事を控える自己規制の動きが強まった/香港メディアの3分の1以上が中国企業の出資を受ける/黎氏らの逮捕で、香港メディアの自己規制の傾向がさらに強まる恐れがある」
警察 「我々は編集部の中に入る。あなたたちはすぐに立ち去りなさい」
「報道の自由」が死んだも同然なのは日本の方だ。メディアは記者クラブとアベのお遊戯会をどう考えているのか。
香港の状況、異常。これが新法での始まりの一環だとすれば、これから先、さらにどうなるか。
お前中共に報道の自由があったのかね。お前中共の提灯記事で、報道の自由?言論の自由がないということを書いてきたのかな。中共の犬さん
「本土大陸に国際経済都市上海があれば十分。香港の反逆を今摘み取っておかないと、近々、1国1制度をも揺るがすとんでもないないガンに凶悪化する。香港の自由経済都市性を撲滅しても痛くも痒くもない」と共産党王朝が腹をくくったということ?!
警察 「我々は編集部の中に入る。あなたたちはすぐに立ち去りなさい」

リンゴ日報職員 「裁判所の捜査令状を提示してください」:朝日新聞
そのことを日本の「報道機関」としてどう考えるのかね? そこを聞かせてくれないか?

「同法は中国に批判的なメディアなどの動きを封じるのが狙いとされ、当局が法施行から1カ月余りで「本丸」の摘発に乗り出した形だ。今後、報道機関に萎縮の動きが広がる可能性がある」。
彼らが香港でやっていることを見たら、天安門で何をやった。やったか分かるだろう。ウイグルで、チベットで何をやっているのかも。
私は遠くない将来、日本もこうなると考えいる。対岸の火事ではない。
香港民主派の「大物」として知られる地元紙「リンゴ日報」の創業者と「雨傘運動」でも活動した民主活動家、周庭氏が10日、国家安全維持法違反の疑いで相次いで逮捕されました。
@nhk_news イランや香港に羨望する日本のネトウヨども。
朝日新聞は香港の国家安全法について批判キャンペンができません。それは、中国共産党の機関紙だからです。
黙って見ていられない
民主派の本丸摘発が始まった香港 有料記事だが…報道の自由が死んだ?自由そのものが死んだんだよ。そもそも自由主義とアカは相容れないモノだしな。リベ(というかぱよ)がほざく「話を尽くせば分かり合える」なんて事は無いんだよ…
何かあったときに報道がないことの怖さ。もし内部から外部へ情報がうまく流れたと仮定しても信頼性を担保しなきゃいけないし…なるべく報道の自由は尊重してほしい。
あの香港が、壊されていく。「報道の自由を踏みにじる目的以外、考えられない」
この警官たちも、香港人として忸怩たる思いがあると信じたいな。
嬉しそうだな、おいw
国際社会と相入れない団体を一員として認めておくべきではない。
忌々しき事態、、、更に深淵な闇になっていくのか・・・世界中の耳目を集めていることを知らないはずはないと思うが。。。。
中国共産党大好きな朝日新聞の将来の姿だよ。安倍さんとくだらない事でじゃれてる余裕あるの?
≪リンゴ日報 (電子版) は8月10日午前から、香港警察が約200人態勢で、香港郊外にある本社ビルを家宅捜索する様子をインターネットで生中継した。
警察「我々は編集部の中に入る。あなたたちはすぐに立ち去りなさい」
リンゴ日報職員「裁判所の捜査令状を提示してください」≫
日本での自由も、お上から与えられるものではなく、民衆の力で勝ち取り、それを民衆の力で、日本国憲法で、守り抜くものなのだ。
今日だけで民主派の香港紙「蘋果日報(アップルデイリー)」の創業者・黎智英氏や同紙幹部ら7人、そして周庭氏の逮捕。民主派の摘発がより露骨に、より本格化している。
政府があらゆる事象から失政や誤報など錯誤への猶予を無くす必罰主義は、不可侵化となって本来得られるはずの善智識を遠ざけてしまう。一人による独裁よりも罪深い集団独裁はいっそう見苦しい暴走を始めるかと。/
 「報道の自由死んだ」:朝日
中国本土だろうと、ロシアだろうと、こんなことは許してはいけないんですよ。
「報道の自由は正式に死んだ。中国政府、(香港政府トップの)林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官、香港警察に殺された」
“同法は中国に批判的なメディアや民主活動家の動きを封じ込めるのが狙いとされている...” /
#ニュース #香港
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR